• 世界の森林と保全方法
  • 森林保全と企業
  • パートナーシップによる保全
  • 森林保全の制度
  • 事例とデータベース
  • 活動報告
  • 参考資料

フォレスト パートナーシップ・プラットフォーム ホーム > 森林保全と企業 > 森林保全に取り組む企業が知っておきたいキーワード

森林保全と企業

森林保全に取り組む企業が知っておきたいキーワード

気候変動と森林に関するキーワード

  • CDM植林
    気候変動枠組条約の京都メカニズムの一つであるCDM(クリーン開発メカニズム)を利用し、途上国において新規植林・再植林を先進国と途上国が共同で実施することによって追加的に生じた炭素吸収量について売買可能なクレジットを発行するしくみ。
    詳しく
  • REDDプラス
    REDDとは、途上国における森林減少・劣化に由来する温室効果ガスの排出削減に関し、過去の推移などをもとに将来の排出量の参照レベルを設定し、資金などインセンティブを付与することにより、参照レベルからの削減を達成しようとする考え方。森林保全、持続可能な森林経営、森林炭素蓄積の増加に係る取組を含む場合には、「REDDプラス」と呼ばれる。
    詳しく

生物多様性保全と開発等に関連するキーワード

主に調達に関するキーワード

  • 森林認証制度
    消費者の選択的な購買を通じて持続可能な森林管理を支援するため、適切な管理がされている森林や森林から得られた木材製品等を第三者が認証する取り組み。FSC、PEFC、SGECなどの認証制度がある。
    詳しく
  • 合法木材の利用
    世界の森林減少の要因の一つとなっている違法伐採問題に対処するため、合法的に伐採されたことが証明された木材の利用を進める取り組み。我が国では、グリーン購入法により国等の公的機関が調達する木材について合法性・持続可能性の証明されたものに限定している。
    関連ウェブサイト:http://www.goho-wood.jp/

以下のような間伐材、国産材など国内の資源を有効に利用することは、我が国の森林の整備・保全に寄与するだけでなく、海外の森林保全にも寄与します。

  • 間伐材マーク製品の利用
    森林のもつ公益的機能を発揮していくために、我が国の人工林において間伐等の手入れを進めること等を目的に、間伐によって得られる間伐材の利用促進のため、間伐材マークの表示された製品の利用を推進する取組。
    関連ウェブサイト:http://www.zenmori.org/kanbatsu/mark/
  • 木づかい運動
    国産材が利用されないことが、間伐の遅れなど、森林の有する公益的機能の発揮に悪影響を及ぼしていることや、二酸化炭素を長期にわたって吸収・固定する木材の特性に地球温暖化対策の観点から着目し、国産材の利用を推進する取組。
    関連ウェブサイト:http://www.kidukai.com/

ページ上部に戻る