本文先頭へ


橘浦(大洞山北西部)

橘浦 位置図
橘浦(大洞山北西部)
No. 39-10
名称 橘浦(大洞山北西部)
ふりがな しまんとがわちゅうかりゅういき(さとかわ)
所在地 高知県高岡郡四万十町
選定基準1 ○(該当)
選定基準2 -(非該当)
選定基準3 ○(該当)
選定理由 漁業や養殖が主な産業である宿毛湾の漁村でありながら、周囲を大洞山の山林や海岸林に囲まれ、里山の生態系が残された地域である。
信仰の対象として守り続けられた大洞山、海岸付近に見られるクヌギ林などを中心としたモザイク状の土地利用が維持されている。良好な森林環境が保たれていることが、橘浦の藻場形成など海洋の生物多様性保全につながっている。
保全活用状況(取組状況)
  • 農林漁業等の生業・くらしの場として保全活用されている。
活動主体 一般社団法人橘浦里山を守る会
その他参考情報
  • 水産多面的機能発揮対策交付金(水産庁)を活用し藻場づくりなどを実施している。
保全活用施策(実施状況等)  

位置図について

各地域の地図(位置情報)について、地図上の点線(赤枠)はおおよその位置・範囲を示したものです。

希少種の保全等に留意し、エリア(赤枠)を省略している場合があります。