自然再生ネットワーク

環境省自然環境・生物多様性自然再生ネットワーク自然再生推進法事例紹介>現場ルポ[神於山保全活用推進協議会]

事例紹介(現場ルポ)

自然再生推進法に基づく自然再生協議会の事例紹介です。
事例紹介トップページへ戻る

| 釧路湿原自然再生協議会 |
| 多摩川源流自然再生協議会 |
| 巴川流域麻機遊水地自然再生協議会 |
| 神於山保全活用推進協議会 |
| 椹野川河口域・干潟自然再生協議会 |
| 石西礁湖自然再生協議会 |

神於山保全活用推進協議会[事業地紹介]
神於山保全活用推進協議会[専門家に聞く]

神於山の活動〜子ども達から神於山が消えた!〜

神於山より、市街を臨む(岸和田市提供)
神於山より、市街を臨む(岸和田市提供)

 里山は使われてこそ意味があり、そもそも保全という考え方は馴染みづらいものです。だんじり祭で有名な岸和田市の神於山こうのやまは、自然再生推進法に基づく協議会としては、数少ない里山を舞台にした活動のひとつです。
 古い歴史をもち、信仰の対象でもあったものを、里山の恵みから縁遠い生活をおくる現代人が、どのように再生しうるのでしょうか。全国の里山保全団体が抱える、この基本的な課題への対応をぜひとも聞いてみたいと思います。

記事:堤幸一
写真等提供:岸和田市環境保全課、神於山保全くらぶ、進ひろこ

現在の神於山の実態と課題 〜不法投棄に悩み〜

 最初の取材は、岸和田市役所環境保全課の井上さんに話を伺うことになりました。協議会における市役所側の担当者です。都会の近郊に位置する里山の共通の悩みでしょうが、神於山にも不法投棄はあります。年に4、5回は山火事が起きたり、あろうことか土泥棒も現れる始末です。
 市役所では、年間100万円をかけ清掃したり、不法投棄をなくすため林道を閉鎖したり、大変な苦労を重ねました。「2年間で2トンダンプ50杯分にもなる崖下のごみを拾い上げた。これは、もう大変でした」などという話も聞きました。
 もちろん、このような“不届き者”ばかりではなく、荒れた状態をみかねて、守ろう、再生しようという動きも始まっていました。その人たちが拠り所としたのは、やはり、かつての神於山と岸和田の人たちのつながりでした。

どんな里山をめざすのか 〜現代の里山を〜

 岸和田市に伝わる永楽絵巻縁起では、神於山は松だらけ。そのくらい土が痩せていました。土質もあるでしょうが、やはり、それだけ生活の山として糧を提供していたのでしょう。つい40〜50年ほど前までは、地元の人たちに、様々な山の幸や薪を恵んでくれていました。
 「協議会のメンバーには、子どものころ、このような経験を記憶している人が沢山いますよ」と井上さん。
 一方、大規模な仏教寺院や修験道など信仰の山としての歴史も古く、里山であり、信仰の山であるという、少し不思議な組み合わせになっています。これも神於山の大きな特色でしょう。

かつての神於山(岸和田市提供)
かつての神於山(岸和田市提供)

 協議会の皆さんは、神於山をどのような場所にしたいと考えているのでしょうか。現在では、公園化したリクリエーションの場であり、里山と言えないのではないか、という意見もあったようです。
 「当面の利活用として、教育の場、自然に親しむ場にすることを考えてます。ただし、生活の用をなさない里山は、やはり里山ではありません。レクリエーションの山として整備すれば、近隣大都市である堺や大阪市内の人の遊びの場になりますが、地元の人にとっては、生活とつながっている場にしたいですねえ」
 と井上さんは言います。でも生活とつながっている場とは、どのようなイメージでしょう。

 「当面10年は、とにかく人が歩けるようにして、われわれが歩いていた頃の状況にします。その後、里山として維持していくには、新しい山の産業化(生活の場)が必要です。ヒントは、神於山北面の北阪の村の取り組みでしょう。観光農業をつくったり、里の駅をやったりして生活をされてますよ」
 生活の用としての里山という基本は崩さず、それを現代風に仕立てようということのようです。ちなみに「神於山北側にバイオマス発電や研究所を考えたい」なんてアイデアもあるようでした。

里山保全への企業参加 〜シャープの森作り〜

 神於山の所有・管理関係は、失礼ながら、縦割り行政の見本のようなものです。山を持っているのは、市の公園緑地課、管理は大阪府(遊歩道や保安林の整備をしている)全体のコーディネートは市の環境保全課です。ここに民間所有地も関わってきます。
 一方で、大変ユニークな関係づくりもあります。大手企業「シャープ株式会社」が、神於山の里山再生に「シャープの森」づくりと銘打って参加してきたことです。
 シャープの本社は大阪市阿倍野区にあり、社員・OBを含めて2,000〜3,000人が岸和田市に住んでいます。そこで、企業の環境CSR貢献としてシャープの森を作ろうということになり「神於山シャープの森」として活動開始しました。
 この取り組みは、大阪府が進める「アドプトフォレスト制度」に則ったものであり、神於山の里山再生に向け協議会を設置(2004年)した岸和田市と、SGC(シャープグリーンクラブ)によるシャープの森を活動目標のひとつとして設定(2003)し、シャープの森全国展開に向けた検討を開始(2005)していたシャープ、それとアドプトフォレストの政策検討を進めていた大阪府(2005)の、3者のタイミングと思いが見事に一致した好事例です。
 「うまくいくときはこんなもんやけど、この流れは大事にせなあかん!」と井上さん。

 まさに、そのとおりだと思います。2006年2月16日には、野口岸和田市長、御手洗シャープ専務、草川大阪府環境農林水産部長の3者で、調印書にサインが交わされました。井上さんに調印書を見せていただきましたが、ヒノキ板が表紙になっており、レーザーで刻印されています。なんと素敵な調印書でしょう!

「シャープの森」調印書 表紙はヒノキ製
「シャープの森」調印書 表紙はヒノキ製
「シャープの森」調印
「シャープの森」調印

 シャープの森は、約2.1haの規模をもち(うち新規植栽面積0.7ha、放置林1.4ha)傾斜約20°の緩斜面です。2006年度は植林、2007年度以降は育林と整理伐採に加え、ビオトープや竹ベンチ、竹柵など、“快適作業環境づくり”に楽しみながら取り組むようです。
 ちなみに、SGCのホームページでは、快適作業環境づくりの先輩として「神於山保全くらぶ」の基地を越えることを目標としています。私たちは、午後から「保全くらぶ」のメンバーも含む協議会の方々とお会いすることになりました。

シャープの森リーダー養成講座(岸和田市提供)
シャープの森リーダー養成講座(岸和田市提供)
シャープ・グリーンボランティア研修(神於山保全くらぶ提供)
シャープ・グリーンボランティア研修(神於山保全くらぶ提供)

神於山保全活用協議会の皆さん

 さて午後からは、協議会会長の河野さん、神於山の共有地で座中(ざなか)会長の西村さん、自治会関係で上田さん、一ノ谷さん、そして、協議会副会長で神於山保全くらぶ代表の田口さんに、環境保全課の井上さんを加えた6名の方々にお話を伺うことができました。まずは、河野会長からです。
 「自然再生推進法に関わる協議会で“保全・活用”とついているのはうちだけです。保全と活用があって里山。これが、なかなかわかってもらえない。学校で子どもたちと山に行っても、先生が“木を切ってはいけない、採ってはいけない”と教えている」
 どうも里山に対する理解を得るのに、苦心しているようです。すかさず、横から保全くらぶの田口さんが、「われわれは、さあ食べてみよう!採ってみよう、遊んでみよう!です」。そのとおりです。

 神於山再生への道筋は、「この10年間は、使わなかった40年間を取り戻すために、レクリエーションと学習の場とします。どれくらいの人が動いてくれるのか、使って入っていただくか不安はあります。ただ、活用しないと保全もできません。保全と絡み合う活用を考えながら、当面は竹林の広がりを押さえることから始めたいと思います」ということでした。

神於山の自然薯(神於山保全くらぶ提供)
神於山の自然薯(神於山保全くらぶ提供)
神於山で、鶏の丸焼き(神於山保全くらぶ提供)
神於山で、鶏の丸焼き(神於山保全くらぶ提供)

なぜ、レクリエーションなのか? 〜活用の中心〜

 でも、なぜレクリエーションなのでしょう。  「神於山祭りを年一回開催しています。クリーンハイキングなどのイベントを増やしてもいい。一人でも多くの人に山に上がってもらわなあかん」(西村)
 「山滝小(山の東)の子どもたちと年一回山に登っています」(河野)

 もしかしたら、子どもたちにヒントがあるようです。そのあたりを詳しく聞いてみました。  「子どもの環境学習で小学校へ行った時ですが、なんと“神於山は邪魔だ”という意見が多く出ました。私は、二の句が告げなかった。“山がなければ、向こうにすぐ行く事ができる”“冷たい風が来なくていい”といった声もあったのですよ」(河野)
 自分たちが生まれたときから生活とつながっていた神於山が、地元の子どもたちから否定されてしまたのです。これはショックです。
 「本当に驚いた。竹の皮や、椋の木のことを説明したり、唐笠を見せたりしました。山に入ってどんぐりの木を植えたりするうちに、子どもたちの意見も少し変りましたが、もっと体験・経験を積み重ねないといけません。それがないと、自然や山の大切さ大事さは分からないし、伝わらないと思います。体で味わうことがないと、心から思いは出てきません」(河野)

子どもたちに説明する田口代表(神於山保全くらぶ提供)
子どもたちに説明する田口代表(神於山保全くらぶ提供)
子ども達の活動の様子(神於山保全くらぶ提供)
子ども達の活動の様子(神於山保全くらぶ提供)

 でもなぜ、このような状況になってしまったのでしょうか、協議会の方々は、学校教育の問題にも触れます。
 「ヘビやスズメバチも出てきます。ただそれでも小学生や中学生には山に入って、歩いて欲しい。中学校は11校あります。先生にも使ってもらうよう働きかけている。問題は20代30代の先生が山に行ったり、木を切ったり、竹を切ったりする経験がないことです」(井上)
 「3年間続いている新採用の教員研修で、毎年山には入っている。でも山に来ても、休憩だけして下りてしまう。何をするかが問題です。特に20〜30代の先生は山を知らない。子どもたちと一緒に山に入る体験がない。来るだけが目的になってしまっています」(田口)
 と手厳しい。でも、この問題は、岸和田に限らず全国の学校で起きていることです。なるほど、彼らは、レクリエーションの中に、子どもたちが自然とふれあう姿を思い描き、レクリエーションから活用、そして保全へという流れを期待しているわけです。大いに納得しました。

新任教員の1日体験研修(神於山保全くらぶ提供)
新任教員の1日体験研修(神於山保全くらぶ提供)

神於山保全クラブの活動 〜講座がきっかけになった〜

 前述した、シャープが目標とする(!)神於山保全くらぶとは、どのような団体なのでしょうか。  「月に2回活動しています。でも、私は月に10日くらい。もはや、どっちが仕事かわかりません(笑)。神於山の保全林40haのうち大阪府と分担して4haを使って活動しています。ため池周囲の土地を対象に実施計画を立てて、今年は花王・みんなの森づくり活動支援として35万円をもらって活動しています」(田口)

 ちなみに、田口さんは、勤め人を早期退職し、手作りの家具工房をしながら保全くらぶを始めた方です。保全くらぶのメンバーは地域の人ではなく、岸和田市街の人が多く、地域の里山に入ることへの配慮を伺うことができます。でも、保全くらぶは、田口さんが単独で始めたことなのでしょうか。
 「きっかけは、1999年に市が開催した講座に参加したことです。市の呼びかけが、すごく大きい。2年間講座があって、3年目にボランティア組織を作りました。入り口としてはとてもよかった。当時のメンバーは13名でしたが、今は、会員約80名になりました。」
 行政の仕掛けもよく効いているし、参加者もそれを上手に活用している。よいバランスです。

保全クラブの活動の様子(神於山保全くらぶ提供)
保全クラブの活動の様子(神於山保全くらぶ提供)

地元と保全くらぶの関係 〜細やかな配慮と敬意〜

 保全くらぶのメンバーは着実に数を増やしつつあります。なにか仕掛けがあるのでしょうか。
 「ボランティアで活動が続く理由がありまして、一つ目は、拘束しないこと、無理やりさせないこと。そして、2つ目は、毎回、参加者が取り組む課題を3つほど用意して、安全面はリーダーが教える、タイムキーパーもやる ということ。最後に、春木川をよくする会など岸和田の市街の人が多いことでしょう」(田口)
 「はじめは草刈をしたいと来た方が、次の萌芽更新までみたいなあ〜とおっしゃる。サラリーマンの短期スパンの生活感覚が、50年や60年といった長〜い自然の時間を感じるようになります。ここらは、参加するおばあちゃんの発言にも出てきますよ。“もうすこし見ときたいからお迎え待ってもらうわ!”なんてね(笑)」

 でも、保全くらぶと地元の人たちの関係は、どうなのでしょうか。
 「そんなん聞くと頭が下がるわ。町の方が初めて気づいて、さあ始めようというのはえらい」(一ノ谷)

 でも、地元の人は、そのような動きにつられて、ボランティアには参加しないのでしょうか。
 「そこは難しいところです。日常の延長で山へ入っても気分転換にはなりません。ボランティアは、非日常を楽しみます。田舎から出てきた人が懐かしんで活動を続けている。リタイヤされた方は自分の特技(技術=機械技師、先生)を持ち寄っている。地元の方には、アドバイザーとか、教えてもらう立場をお願いしています」(田口)

 また、好きなときにやめてもよいというわけでもないですよね。
 「途中で絶対やめれません。市の土地を借りている。地元の信頼をなくさないように、やった限りは、とことんやる。看板ひとつ出すにも、“とるな!”ではなく、“ここはこうしたいので採らないで下さい”などと配慮しています」(田口)

神於山保全くらぶ提供
神於山保全くらぶ提供

竹の始末 〜かなり困ります〜

 里山活動を始めると意外と困るのが、出てきたものの始末です。本来は、これこそが主目的で、何らかの利用価値があったわけですが、今は、なかなかうまくいきません。神於山はどのような状況でしょうか。
 「竹の始末が大変です。里山であることを考えれば、本来、外へ出さないといけない。持ち出して活用する出口が必要です。切るまではいいけど、その後始末どうするかが問題。チップにしてひくとか、畑に持ってきてはどうでしょう。大量に処理できる機械もほしいなあ」(一ノ谷)

 ちなみに、岸和田市では、孟宗竹の笹を、隣県にある白浜アドベンチャーワールドのパンダのえさとして提供しています。年間300万円ほどの売り上げを得ていますが、竹なら何でもというわけにはいかない。パンダがすべてを解決してくれるわけでもないのです(笑)。

竹を切る(神於山保全くらぶ提供)
竹を切る(神於山保全くらぶ提供)

神於山への思い 〜協議会をつなぐもの〜

 最後に、皆さんに神於山への思いを語っていただきました。
 「面白みがない山だから何かする。それがいいと思います」(河野)
 「国見台・城見台(神於山山頂付近の展望場所)からは、市街を見渡すことができます。歩く人が増えた。それだけ。神於山のよいところは、逆にそこじゃないかなあ」(西村)
 「山の魅力を高めるために、ササユリ群生、ヤマツツジ群生を作りたい。流れてくる水がおいしいとかの実証もしてみたい」(井上)
 「“スギ地蔵の水を飲んで死にたい”とかつて言われた、謂れある湧き水が、今、涸れてるんですよ」(一ノ谷)

 どうも、名物や個性的なもので人を集めようと考える人と、新しいものは何もいらないという人に意見が分かれます。神於山の何が、彼らをつないでいるのでしょう。そこを、もう一度聞いてみました。
 「山自体に特色はありません。歴史があり、昔からある。岸和田全体から言えば、見える山ということかな」(井上)
 「どこからも見えるというだけで、岸和田のシンボルでもある」(田口)
 なるほど、神於山が見えるから岸和田なのか。富士山があるから日本みたいな感じ。ということは、何か新しいことを付け加えることは、基本的には反対なのでしょう。
 「何かを持ち込んでもだめ。住宅街も反対です」(一ノ谷)
 「以前、観覧車ができる話があったけど、私は土地を売れなかった」(河野)
 「神於山は岸和田のシンボル。風力発電や鉄塔も馴染みません」(西村、一ノ谷、井上)
 なるほど。ただ見えることで、そこにあることでシンボルとなる山、それが神於山のようです。
 市街化が進み、まちから山が見えにくくなった今、子どもたちの間から“なくてもよい”という言葉が出たのは、当然の成り行きだったのかもしれません。

 現段階で、協議会のメンバーを心の底でつないでいるものは、「神於山の将来像」ではなく、「子どもたちへの不安」だと感じました。そのため、正面きった里山再生ではなく、リクリエーションから入ろうとしたのではないでしょうか。身近な自然と人の生活は鏡です。神於山の取り組みは、里山再生を超えた、大きな課題を突きつけています。

 次回は、岸和田の精神ともいえる“だんじり祭り”と里山再生の関係から、神於山におけるキーパーソンをあぶり出してみたいと思います。

神於山保全くらぶの活動フィールド
神於山保全くらぶの活動フィールド(神於山保全くらぶ提供)

関連情報

ページトップへ

HOME