自然再生ネットワーク

環境省自然環境・生物多様性自然再生ネットワーク自然再生の取組事例森・里・川・海をつなぐ自然再生(H16年度業務)>事例紹介[北海道帯広市]

自然再生の取組事例

自然環境に関する民間団体の活動について、河川、里山、森林、海辺などの各フィールドごとに、活動現場の取り組みを取材してきました。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 |

次のページへ

ふ化場跡によみがえった清流と河畔林[一人のごみ拾いから始まった保全活動―帯広市大正町・ヌップク川]

昔ながらの小さな自然の川、帯広市大正町を流れるヌップク川。今から20数年前、たった一人ではじめたゴミ拾いがきっかけとなり発足した「ヌップク川をきれいにする会」は、これまで、市民参加による河川復元事業、市民・行政・企業が一体となったグラウンドワーク事業、北海道内の河川では初めてのアダプトプログラム(里親制度)など、先駆的な環境保全事業を官民連携で展開してきた。「川をきれいに!」という思いはずっと変わらず、活動は着実に続けられている。

■ 広域地図とヌップク川周辺位置
広域地図画像ヌップク川周辺位置画像

■写真左:アダプトプログラムで河川清掃を行っている様子
■写真右:現在のヌップク川 看板にはアダプトプログラムの簡単な主旨と団体名が明記されている
河川清掃の様子写真現在のヌップク川写真

次のページへ

ページトップへ

HOME