本文へジャンプ

串本海域公園について

串本海域公園の利用

串本海中図鑑

串本海域公園の話題

終わりに

環境省国立公園吉野熊野公園利用ガイドみどころ紹介串本海域公園串本海中図鑑串本産大型多毛類図鑑|タマシキゴカイ


ここから本文

串本海中図鑑|串本産大型多毛類図鑑

生きものの情報
種名タマシキゴカイ学名Arenicola brasiliensis
分類多毛網Polychaetaイトゴカイ目Capitellidaタマシキゴカイ科Arenicolidae
説明 タマシキゴカイ科は太短い体で、太くてエラを持つ体前部と、細い尾部を持ちます。海岸の砂泥干潟にU字形の巣を掘ってすみ、肛門のある方の巣穴入口にとぐろを巻いた糞塊を積みます。かつてはどこの干潟でも普通に見られましたが、近年各地で激減しています。写真は串本町橋杭岩潮間帯で1980年6月に採集された体長12 cmの個体。橋杭岩の砂干潟は近年汚染が進み、本種を認めることができません。橋杭岩干潟では本種は絶滅したものと思われます。

戻るチリメンイトゴカイナガオカンムリ進む


ページ最上部へ