本文へジャンプ
共通メニューへジャンプ

串本海域公園について

串本海域公園の利用

串本海中図鑑

串本海域公園の話題

終わりに

環境省国立公園吉野熊野公園利用ガイドみどころ紹介串本海域公園生きもの紹介北限域に生息する造礁サンゴ|カワラサンゴ


ここから本文

カワラサンゴ

カワラサンゴ

 被覆状、塊状、あるいは一部が不規則に柱状に立ち上がったりして、さまざまな 形の群体になります。骨格の表面にはイボ状の突起がたくさんあり、これが名前の 由来になっています。日本で見られる造礁サンゴの中では最も分布域が広く、八 重山群島から小笠原諸島、東京湾にまで生息しています。多くのサンゴは岩に固 着して生活していますが、群体が成長して大きくなると隣のサンゴと接触すること があります。この時、ポリプの触手を長く伸ばして相手を攻撃し陣取り合戦をします。 イボサンゴは触手だけでなく隔膜糸という消化器官をクモの糸のように長く伸ばし て、相手のサンゴを殺してしまうという過激な行動をします。一見平和そうなサンゴ の生活にもし烈な戦いがあるのです。

戻るキクメイシモドキオオナガレハナサンゴ進む


ページ最上部へ