本文へジャンプ
共通メニューへジャンプ

串本海域公園について

串本海域公園の利用

串本海中図鑑

串本海域公園の話題

終わりに

環境省国立公園吉野熊野公園利用ガイドみどころ紹介串本海域公園生きもの紹介北限域に生息する造礁サンゴ|オヤユビミドリイシ


ここから本文

オヤユビミドリイシ

オヤユビミドリイシ

 薄い板状の群体が岩を覆うようにして育成します。生きている時の色は緑色や 茶色、オレンジ色などさまざまです。ポリプのあるところだけ色が変わっているもの が多く、水玉の面白い模様が見られます。沖縄など熱帯の海域より北限のサンゴ 生息域に多く見られ、東京湾でも生息しています。串本海中公園前の海底では水 深10~20mの岩礁に密集しているのが見られ、串本のサンゴ群集の重要な構 成種になっています。しかし、深いところに生育しているので目立たず形も地味な ため、テーブル形のクシハダミドリイシのようにテレビや雑誌等で紹介されることは まれです。

戻るイボサンゴキクメイシモドキ進む


ページ最上部へ