本文へジャンプ
共通メニューへジャンプ

串本海域公園について

串本海域公園の利用

串本海中図鑑

串本海域公園の話題

終わりに

環境省国立公園吉野熊野公園利用ガイドみどころ紹介串本海域公園生きもの紹介北限域に生息する造礁サンゴ|エダミドリイシ


ここから本文

エダミドリイシ

エダミドリイシ

 群体の一部が薄く壁のように立ち上がり、この壁が曲がりくねって複雑な形を作っ ています。生きているときの色は灰褐色ですが、骨格標本を作るために漂白すると、 純白の「バラ」の花のような美しい標本ができあがります。昔は串本地方でもおみや げ用としてサンゴを漂白したものが売られていましたが、このウミバラが最も高価で 取り引きされたそうです。串本海中公園の水族館では40年近くウミバラが飼育され ていますが、光の少ない水槽の中では平たく葉状に形を変えました。そこで水槽の照 明を強くしたところ、また元の形に戻ってきました。光への依存度の強い造礁サンゴは 光の強弱で形を変えるものが多く見られます。

戻るワレクサビライシウミバラ進む


ページ最上部へ