本文へジャンプ
共通メニューへジャンプ

串本海域公園について

串本海域公園の利用

串本海中図鑑

串本海域公園の話題

終わりに

環境省国立公園吉野熊野公園利用ガイドみどころ紹介串本海域公園生きもの紹介北限域に生息する造礁サンゴ|コブハマサンゴ


ここから本文

コブハマサンゴ

コブハマサンゴ

 シコロサンゴは板状に立ち上がった突起が縦横にくっつき、上から見ると格子状の群体を作ります。色は茶褐色で群体の形は全体的に見るとドーム状になります。波静 かな内湾部によく見られ、1mを越す大きな群体を作ります。土佐清水市の見残湾で は、30m近くの巨大な群体があり国の天然記念物に指定されています。串本周辺で も普通に見られますが、本場八重山群島では数が少なく、板状突起が薄い別種のサ オトメシコロサンゴが多く見られます。

戻るハナガタサンゴワレクサビライシ進む


ページ最上部へ