本文へジャンプ
共通メニューへジャンプ

串本海域公園について

串本海域公園の利用

串本海中図鑑

串本海域公園の話題

終わりに

環境省国立公園吉野熊野公園利用ガイドみどころ紹介串本海域公園生きもの紹介北限域に生息する造礁サンゴ|キッカサンゴ


ここから本文

キッカサンゴ

キッカサンゴ

  直径1cmほどの円筒形の骨格が束ねられ、全体として半球状の群体に生育します。 群体は大きなものでも直径30cmほどで、色は黄緑色や褐色、灰褐色のものが見られ ます。大きな群体になったり、密集して育成することもなく、あまり目立ちませんが、串 本町の沿岸ではどこにでも見ることができます。逆にサンゴの本場、八重山群島では この種はめったに見られず、別種のネジレタバネサンゴがよく見られます。他の造礁サ ンゴと同様、このサンゴも日中はポリプを骨格の中に引っ込めていますが、夜になると イソギンチャクのような触手をのばし、プランクトンなどを捕食しています。

戻るシコロサンゴオオスリバチサンゴ進む


ページ最上部へ