本文へジャンプ
共通メニューへジャンプ

串本海域公園について

串本海域公園の利用

串本海中図鑑

串本海域公園の話題

終わりに

環境省国立公園吉野熊野公園利用ガイドみどころ紹介串本海域公園生きもの紹介北限域に生息する造礁サンゴ|エンタクミドリイシ


ここから本文

エンタクミドリイシ

エンタクミドリイシ

 直径2~3cmの小さなサンゴで、扇形の部分がくっついて全体としては花びら状の円 板になっています。大部分の造礁サンゴは多数のポリプからできた群体ですが、このサ ンゴは一つのポリプでできている単体サンゴです。また、扇形の部分が割れて、数が増 えていくという変わった生態をもっています。10数年前に白浜町にある京都大学白浜 水族館で採集され、譲り受けたものが串本海中公園の水族館で飼育されています。 大部分の造礁サンゴは岩や石にくっついていますが、このサンゴは砂の上にぱらぱらと 転がるように生活しています。

戻るキクメイシハナガササンゴ進む


ページ最上部へ