本文へジャンプ
共通メニューへジャンプ

串本海域公園について

串本海域公園の利用

串本海中図鑑

串本海域公園の話題

終わりに

環境省国立公園吉野熊野公園利用ガイドみどころ紹介串本海域公園生きもの紹介北限域に生息する造礁サンゴ|キクメイシ


ここから本文

キクメイシ

キクメイシ

 サンゴはイソギンチャクのようなポリプが分裂成長して色々な形をした群体を作ります。 個々のポリプは切り離しても生きられるので、群体の一部を切り取って水中ボンドで固定 すれば移植することができます。オオスリバチサンゴは円板状や一部棒状に立ち上がっ たり、あるいは板状の骨格が何重にも重なり、巨大なバラの花のような群体をつくること があります。群体の形は違っていてもポリプの形は同じで、直径1cmほどの灰褐色のポ リプが密集しています。このうちの一つを指でつつくと、骨格の中に引っ込んでしまいます が刺激が周囲のポリプにも伝達され、次々にひっこんでいきます。

戻るハナヤサイサンゴエンタクミドリイシ進む


ページ最上部へ