本文へジャンプ
共通メニューへジャンプ

串本海域公園について

串本海域公園の利用

串本海中図鑑

串本海域公園の話題

終わりに

環境省国立公園吉野熊野公園利用ガイドみどころ紹介串本海域公園生きもの紹介北限域に生息する造礁サンゴ|ハナヤサイサンゴ


ここから本文

ハナヤサイサンゴ

ハナヤサイサンゴ

 サンゴというと硬い石のようなものと思っている人が多いようですが、クラゲやイソギン チャクと同じ刺胞動物の仲間です。串本町の海岸には白くなったサンゴがたくさん打ち上 がっていますが、これは炭酸カルシウムでできたサンゴの骨格です。この骨格をよく見る といろいろな模様をした穴があいていますが、海底で生活しているときにはこの穴の中に イソギンチャクによく似た「ポリプ」が入っています。造礁サンゴの仲間は昼間このポリプ を引っ込めているものが多いのですが、ハナガササンゴは直径5~10 mmのポリプを昼間 でも長く伸ばしています。これを見るとサンゴがイソギンチャクの仲間だというのがよくわ かります。

戻るクシハダミドリイシキクメイシ進む


ページ最上部へ