本文へジャンプ
共通メニューへジャンプ

串本海域公園について

串本海域公園の利用

串本海中図鑑

串本海域公園の話題

終わりに

環境省国立公園吉野熊野公園利用ガイドみどころ紹介串本海域公園生きもの紹介北限域に生息する造礁サンゴ|クシハダミドリイシ


ここから本文

クシハダミドリイシ

クシハダミドリイシ

 平たくテーブル状に生育し、大きなものは2mを越すものもあります。潮通しのよい浅い 岩礁に生育し、重なり合って大きな群落を作ります。成長は意外と早く、一年に10~20 cmも伸びます。成長は水温の高い時だけで、水温が20°C以下になると止まってしまい ます。串本海域公園2号地前の海底にはこのサンゴの大群集があり、海中観光船で見る ことができます。一見するとサンゴ礁のように見えますが、このサンゴの下は普通の岩 で、サンゴが積み重なってできたサンゴ礁ではありません。「造礁サンゴはたくさんある けれど、サンゴ礁がない」というのが九州から房総半島までの太平洋沿岸の大きな特徴 の一つです。

ハナヤサイサンゴ進む


ページ最上部へ