森里川海を豊かに保ち、その恵みを活かして地域が元気になる取組を「森里川海アクション優良事例」として紹介します!
「自然共生」・「低炭素」・「資源循環」を目指してアクションを起こしている方、これからアクションを起こす方の参考になる情報が満載です。

  • 森森
  • 里里
  • 川川
  • 海海
調べたい項目をチェック!

ぜひ、みなさまのアクションにご活用ください!

北海道漁協女性部連絡協議会

森ー川ー海のつながりの視点をもち、河川上流において豊かな森を育てることで、「百年かけて百年前の自然の浜を」目指している。

飯能市エコツーリズム推進協議会

自然の保全や文化の継承につながるエコツアーを企画・実施し、環境と経済の両立を図っている。

高山市

「元でを食いつぶさず利息で食いつなぐ」をコンセプトに整備とルールづくりを進め、森林の自然保護と利用の両立を図っている。

佐渡市

トキの野生復帰を推進する取組と地域経済の活性化を一体として結びつけ、生物多様性保全の取組と経済が循環する体制を構築している。

有限会社オズ(海島遊民くらぶ)

伊勢志摩国立公園の沿岸及び離島において、ルールを定めて持続可能なエコツアーを実施し、自然の保護と利用の両立を図っている。

美郷町役場

地域と連携・協働しながら、イノシシの獣害対策と経済・地域振興の両立を図っている。

国土交通省中国地方整備局出雲河川事務所

河川を基軸として多様な主体の連携と協働に基づき、流域全体の生態系ネットワークの形成を図り、地域活性化と経済振興を達成することを目的として取組を実践している。

日生町漁業協同組合

生活排水や護岸工事の影響で減少していたアマモ場を再生させることで、水産資源の安定確保と生物多様性保全を図っている。

公益社団法人京のふるさと産品協会

「京の伝統野菜」の保存と生産拡大を目的として、認証基準を満たす野菜に「京マーク」を添付して「京のブランド産品」として首都圏と近畿圏での販売を展開している。

滋賀県

かつてのように琵琶湖と水田を魚が行き来する環境を取り戻すため、認証制度を創設し、ブランド化にも取り組み、環境と経済の両立を図っている。

10 / 13

次のページへ