日本の外来種対策

環境省では、日本の生態系等に被害を及ぼす又は及ぼすおそれのある外来種について、
規制や防除、理解促進等に取り組んでいます。

環境省自然環境局

文字サイズ

標準

特大

MENU

環境省では、日本の生態系等に被害を及ぼす又は及ぼすおそれのある外来種について、
規制や防除、理解促進等に取り組んでいます。

ガー科

ガー科の特定外来生物指定について

  • ガー科については、H28年に特定外来生物の指定へ向けた検討(パブリックコメント)が行われ、H29年11月21日に特定外来生物の指定について閣議決定され、H30年4月1日(日)から規制が開始されました。
  • 指定対象
    • ガー科(Lepisosteidae)全種
    • ガー科に属する種間の交雑により生じた生物 ※ガー科及びガー科に属する種間の交雑種については、規制開始以前より飼養しており、継続して飼養を続けるにあたっては、平成30 年9 月30 日までに外来生物法に基づく手続きが必要です。
      以下の「ガー科及びその交雑種の飼養等許可申請様式」をご利用の上、地方事務所に申請してください。
      申請手続き及び申請書の送付先は、飼養等施設の住所を管轄している地方環境事務所となります。
  • 特定外来生物として規制される前からガー及びその交雑種を飼養等していた方
    • ガー科及びその交雑種の飼養等許可申請様式
      01_(ガー科)様式1-A 新規申請書(愛玩目的) WordPDF
      02_(ガー科交雑種)様式1-A 新規申請書(愛玩目的)WordPDF
      03_書き方例(ガー科)様式1-A 新規申請書(愛玩目的)PDF
      04_申請書作成にあたっての参考資料 PDF

  • 「飼養等に関する手続き」のページもご確認ください。
    URLリンク:http://www.env.go.jp/nature/intro/1law/shiyou/tetsuduki.html)