本文へジャンプ
 特定外来生物の解説

特定外来生物の解説


ヌートリア

和名
ヌートリア
科名
ヌートリア (Myicastoridae)
学名
Myocastor coypus
英語名
Coypu, Nutria
原産地
南アメリカ
特徴
頭胴長50〜70cm、尾長35〜50cm、体重 6〜9kg程度。
定着実績
近畿(紀伊半島を除く)、中国、四国に集中し、東海、関東、九州にも分布域が点在する。
平成21年度までに個体が確認された地点図
被害状況
■生態系に関わる被害
  • 日本では本種と同じニッチを占める哺乳類は生息しないために、食草である水生植物を大量に捕食し、水鳥などと餌資源をめぐる競合関係が生じる可能性がある。
■農林水産業に関わる被害
  • 西日本地域で農作物に対する被害が報告されており、食害や岸辺への営巣(巣穴)により、水田のイネや畑の根菜類に大きな被害を及ぼしている。
取扱い上の注意
長く鋭い前歯をもつ。
備考
かつて毛皮養殖として各地で盛んに輸入され、後にまとまって遺棄されたと言われている。

※ 通称につきましては、必ずしも正確なものではない可能性もありますので、ご注意ください。
※ 被害状況につきましては、代表的な事例を挙げています。


サブウィンドウを閉じる