本文へジャンプ

HOME外来種について>生態系被害防止外来種リスト

外来種について

我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト (生態系被害防止外来種リスト)

生態系被害防止外来種リスト(ダウンロード)

生態系被害防止外来種リストのポイント

●幅広く生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種を選定

●掲載種を対策の方向性を示すカテゴリに区分

●掲載種には種類ごとに付加情報を整理

経緯

  平成22 年10 月に名古屋で開催された生物多様性条約第10 回締約国会議において、「2020 年までに侵略的外来種とその定着経路を特定し、優先度の高い種を制御・根絶すること」等を掲げた愛知目標が採択されました。
  平成24 年9月に閣議決定された「生物多様性国家戦略2012-2020」においては、愛知目標を踏まえ、外来生物法に基づく特定外来生物のみならず、我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種のリストを作成することを国別目標の一つとしました。
  これを受けて、環境省と農林水産省は、平成24 年度から有識者からなる会議を設置し、「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト(生態系被害防止外来種リスト)」の作成を進めてきました。
  本リストは、愛知目標の達成に資するとともに、外来種についての国民の関心と理解を高め、様々な主体に適切な行動を呼びかけることで、外来種対策の進展を図ることを目的としています。
  本リスト策定の検討会についてはこちら

意見募集(パブリックコメント)の結果

本リストの案に係る意見募集(パブリックコメント)を、平成26 年12 月12日から平成27 年1月11 日に実施しました。意見提出のあった個人・団体の数は176 であり、延べ意見数は318 件でした。


※生態系被害防止外来種リストの策定により要注意外来生物は発展的に解消されました。