ページの先頭です。
エコツーリズムのススメTOP >  環境省など国の取り組み >  エコツーリズムに取り組む地域への支援 > 自然資源を活かすエコツーリズム・インタープリテーションの人材育成支援事業

エコツーリズムに取り組む地域への支援

ページの本文です。

自然資源を活かすエコツーリズム・インタープリテーションの人材育成支援事業

概要

「国立公園満喫プロジェクト」の先導的役割を果たす8つの国立公園をはじめとする自然公園地域や、エコツーリズムに取り組む地域など、自然資源を活用して地域活性化に取り組む地域を対象に、ビジターセンターなどの拠点施設のスタッフ、体験プログラム・エコツアーなどを企画、実施する事業者やガイド、コーディネーターなど、地域における持続可能な仕組み構築に向けた中核となる人材の育成支援を行うものです。

本事業では、以下の2コースを設定し、それぞれ、事前のアドバイザー派遣・自己研修・集合研修、さらにその後の地域へのアドバイザー派遣、希望地域にはインバウンド研修の課程を設定しています。

○Aコース「拠点施設で働く人向け」

主にビジターセンター、自然系博物館、自然学校のほか、宿泊施設や観光施設の職員など、拠点施設で働く人を対象に、現場における解説業務(インタープリテーション)のスキルアップを図り、同時に人材育成の手法も学ぶコースです。

○Bコース「エコツアー事業者向け」

主に着地型ツアー事業者、アクティビティー事業者、エコツアー事業者、エコツアーガイド、地域コーディネーター等を対象とし、エコツーリズムを活かして地域を盛り上げるために、ツアーガイドや地域コーディネーターとしての能力向上を目的としたコースです。

年度別の実施概要

▲ ページの上部へ