和白干潟

環境省自然環境・生物多様性渡り鳥関連情報渡り鳥飛来状況調査

調査地の概要
特徴 和白干潟は、博多湾の東部に位置し、シギ・チドリ類、ガン・カモ類等の渡り鳥が多数飛来します。特に、春及び夏の渡りの時期並びに越冬の時期には、シロチドリ、トウネン、ハマシギ等のシギ・チドリ類が多数飛来し、その飛来数は国内有数の規模です。また、ツクシガモ、クロツラヘラサギ、ズグロカモメ等の希少種の生息も確認されています。このように和白干潟は、シギ・チドリ類をはじめとする渡り鳥類の中継地及び越冬地として国際的にも重要な箇所です。
鳥獣保護区面積 2,541 ha 緯度経度 33.6812 130.4218
所在地 福岡県福岡市
調査地で見られる鳥類 マガモ、ヒドリガモ等のカモ類、ハマシギ等のシギ類 <10月〜3月>
調査地の範囲と写真
国土地理院のウォッちずを加工して作成