谷津

環境省自然環境・生物多様性渡り鳥関連情報渡り鳥飛来状況調査

調査地の概要
特徴 谷津干潟は、かつて周辺一体の干潟の一部であったものが、周辺の干潟が次々と埋め立てられる過程で残されたものです。干潟は、四方をコンクリートの護岸等に囲まれたプールのような環境で、東部と西部の水路で東京湾とつながっていて、潮の満ち引きもみられます。ここは、日本に飛来するシギ・チドリ類の約1割が観察されるなど、全国有数の渡り鳥の飛来地となっています。
鳥獣保護区面積 41 ha 緯度経度 35.6785 140.0045
所在地 千葉県習志野市
調査地で見られる鳥類 ハマシギ、ダイゼン等のシギ・チドリ類 <8月〜5月>
オナガガモ、ヒドリガモ等のカモ類 <9月〜4月>
調査地の範囲と写真