伊豆沼

環境省自然環境・生物多様性渡り鳥関連情報渡り鳥飛来状況調査

調査地の概要
特徴 伊豆沼は、宮城県の北西部、北上川の支流の迫川にある淡水の沼です。この沼の周辺は、かつては北上川と迫川がぶつかる氾濫原で、広大な湿地だったものが、干拓によって多くが水田となり、伊豆沼も一部は埋め立てられ、現在は遊水池として残っています。この地域は雪が少なく、湖面も凍結しないことや、周辺に餌場となる広大な水田があるため、ヒシクイ、マガン、オオハクチョウ、コハクチョウなどの国内最大級の越冬地となっています。
鳥獣保護区面積 1,450 ha 緯度経度 38.7179 141.1053
所在地 宮城県栗原市、登米市
調査地で見られる鳥類 マガン 約3万羽 <10月下旬〜3月>
調査地の範囲と写真
国土地理院のウォッちずを加工して作成