浜頓別クッチャロ湖

環境省自然環境・生物多様性渡り鳥関連情報渡り鳥飛来状況調査

調査地の概要
特徴 北海道北部に位置するクッチャロ湖は、周囲27kmの淡水湖であり、オホーツク海岸最大の海跡湖です。ここは、シベリアで繁殖し、我が国で越冬するコハクチョウの日本最北の中継地で、日本列島の玄関口に当たり、毎年春と秋、約2万羽のコハクチョウが集結します。また、オジロワシやオオワシの越冬地にもなっています。
鳥獣保護区面積 2,803 ha 緯度経度 45.137 142.3193
所在地 北海道浜頓別町
調査地で見られる鳥類 カモ類 <9月中旬〜4月下旬> 、 ハクチョウ類 <10月中旬〜4月下旬>
調査地の範囲と写真
ハクチョウ類は湖全周でカウントしています。
カモ類は赤い○が調査範囲です。
国土地理院のウォッちずを加工して作成