本文へジャンプ
HOME > 収容動物検索情報サイト > 取組紹介
収容動物検索情報サイト

取組紹介

平成25年度 春の愛犬のしつけ方教室

収容動物の飼い主への返還や新たな飼い主への譲渡等、自治体の様々な取り組みや活動を紹介しています。詳しくは各施設、自治体へお問い合わせください。

熊本県保健所(熊本県)
動物とのふれあい方教室を開催しています

活動内容

活動内容

熊本県保健所の獣医師職員と動物管理センター職員が小学校等(熊本市を除く。)を訪問し、子どもたちへの動物愛護精神の普及、及び犬による咬傷事故の未然防止を目的として「動物とのふれあい方教室」を開催しています。

この教室では、聴診器を使って犬や友だちの心音を聴き、人も動物も同じ命ある生き物であることを感じたり、犬の着ぐるみを利用して犬の習性や咬まれない触り方を学びます。また、手作りの絵本を見て、正しい動物の飼い方を学び、犬の幸せについても考えます。
子どもたちからは、「動物は人間と同じ生き物だから大事にしようと思った」「正しい方法で犬に触ってみたい」「動物を飼ったときは最後まで可愛がろうと思った」といった感想が寄せられました。

この教室で、子どもたちはもとより、子どもたちを通じてご家庭や地域の方々に終生飼養・適正飼養が普及し、犬猫の引取り頭数の減少に繋がるよう今後も継続して取り組んでいきます。

高知県小動物管理センター(高知県)
タオルの寄付を募っています、猫のめいちゃん など

活動内容

活動内容

高知県小動物管理センターでは、ホームページコンテンツの職員ブログにて使わなくなったタオル・毛布の寄付を募っています。排泄物で汚れてしまったり、暖房設備のない冬の犬舎で震える子犬たちを何とかしたいと考え、開始した試みでしたが、その反響は大きく、県民の方からだけでなく、県外の方からも寄付が多く送られてくるようになりました。

URL:http://tanabe-animal.jp/publics/index/64/

また、当センターでは、猫の室内飼育推進と飼い主の意識向上のモデルケースとして、殺処分対象であった猫の「めいちゃん」を飼養しています。「めいちゃん」のブログもご好評をいただき、めいちゃん宛の寄付もいただいています。※めいちゃんは、漢字で「命」と書きます。

URL:http://tanabe-animal.jp/publics/index/18/

長野市保健所(長野市)
長野市公式ツイッターで動物関連情報をお知らせしています

活動内容

活動内容

長野市では、お知らせしたい内容をツイッターで配信しており、譲渡犬猫情報、迷い犬や負傷動物等の保護情報も随時ツイッターで配信しています。
アカウント自体のフォロー人数も少しずつ増えてきたのに併せてリツイート数も増え、市外在住の譲り受け希望者から問い合わせが来ることもあります。
是非、長野市公式アカウントをフォローしていただき、飼い主探しにご協力をしていただければと思います。

長野市代表アカウント
@nagano_city

徳島県動物愛護管理センター(徳島県)
飼い主を探す会・講習会

活動内容

活動内容

徳島県動物愛護管理センターでは、動物の適正飼養の普及啓発と動物愛護の推進を目的として、センターに収容される動物の譲渡事業を毎月第2・4日曜日(年に4回は平日)に実施しています。

講習会受講前に、事前に申請書を提出していただき、譲渡の可否について審査をした後、講習会当日に、犬猫の正しい飼い方を学んでいただきます。新しい譲渡希望者に対しては年齢制限を設け、65歳以上の方は当該動物の飼養が困難になった場合の継続飼養者も講習会に参加していただくこととなっております。
譲渡する際は、性格の判定や健康診断を実施し、寄生虫の駆除・血液検査・混合ワクチンを接種しており、動物の健康管理等の実施に要する経費として実費を徴収しております。また、譲渡動物全てに避妊去勢手術を実施するとともに、マイクロチップを装着しています。

福岡市動物愛護管理センター(福岡市)
「わんにゃんよかイベント」、メルマガ発行など

活動内容

活動内容

「わんにゃんよかイベント」は、広く市民の方々に動物愛護や適正飼育について知っていただくため、平成22年から動物関係の団体や専門学校生が中心となり開催している体験型イベントです。

開催日時
毎月第1日曜日 午前10時から午後2時
開催場所
奇数月:東部動物愛護管理センター(あにまるぽーと)
偶数月:家庭動物啓発センター(ふくおかどうぶつ相談室)
内容
犬猫に興味がある人、そうでない人、そして大人もこどもも楽しめる内容となっています。
犬のお悩み相談や犬猫の譲渡相談会、犬のお手入れ体験、クイズラリー、動物の紙しばい等をおこなっています。4月のイベントでは、所有明示の普及啓発のため、犬猫セミナー「犬の鑑札ケースをつくろう!」を行いました。

その他、福岡市動物愛護管理センターでは、登録ボランティアの方々に、気軽に活動に参加していただけるよう、ホームページに活動スケジュールを掲載しています。また、より多くの方に収容動物や譲渡動物の情報、また各種イベントなどを知って頂くため、メールマガジンを発行しています。

URL:http://wannyan.city.fukuoka.lg.jp/

尼崎市動物愛護センター(尼崎市)
「収容犬トリミング事業」

活動内容

活動内容

平成25年度から収容犬の譲渡を促進するため、全身の被毛が汚れ雑然と 伸びている犬のトリミングを、犬の美容業を営む事業者との協働によって行っています。
この事業は平成24年11月から設置した「動物愛護基金」を活用しています。

※平成23年3月「尼崎市における動物愛護管理行政のあり方検討会議」から、 今後の動物愛護管理行政のあるべき姿について提言を頂き、現在、提言を踏まえた施策の 推進に取り組んでいます。この取り組みに協力したいという皆さまの想いを最大限に生かすため、 平成24年4月から動物の愛護及び管理を目的とした寄付金の受付を始め、さらに11月から「動物愛護基金」を設置しています。 この寄付金は「野良猫の不妊手術費用の助成」や「犬・猫の適正飼養に係る普及啓発」、「犬・猫の殺処分数ゼロを目指すための取り組み」等に使わせて頂いています。

URL:http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/iryou/pet/051kihukin.html

徳島県動物愛護管理センター(徳島県)
「収容動物返還に向けた取り組みについて」

活動内容

活動内容

返還への取り組みとして、収容犬猫情報を7日間当センターHPに写真付きで掲載、一般の方からの失踪・保護情報についても写真付きでHPに掲載しています。また、迷い犬の収容地域から登録簿を検索し、電話による紹介、連絡を行っています。

そのほか、ペット動物へのマイクロチップ装着の普及を推進するため、譲渡動物すべてにマイクロチップを装着し、動物愛護啓発イベントでも無料装着を実施しています。

近年の新たな取り組みとしては、県内CATVへ収容動物情報(飼い主がいると見受けられるもののみ)を掲載するとともに、地元新聞へも失踪時の問い合わせ先を掲載し、飼い主自身の高齢化に伴った返還方法を拡大しています。

また、失踪時の問い合わせ先として、当センターや各保健所の連絡先を記載した名刺を作成し、ペットショップや動物病院に設置し、イベントでの配布をしております。

岡崎市動物総合センター(岡崎市)
「譲渡に関する取組(譲渡動物の紹介、パピースクール等)」

活動内容

活動内容

できるだけ譲渡動物に興味を持ってもらえるよう、成犬と成猫の紹介については、1頭1頭の性格や特徴がわかるポスターを作成しています。当センターや保健所に掲示している他、ホームページにも掲載しており、これを見てお問い合わせを頂き、譲渡が決まることも多くなりました。

また、譲渡後にも適正な飼養を推進するため、譲渡した子犬についてはセンターで開催する「パピースクール」に、1歳齢になるまでに必ず1回は参加していただいています。

「パピースクール」は毎月1~2回、市民の皆様が子犬と一緒に参加できるもので、子犬を人間社会の様々な刺激に慣らすことが主な内容となっています。

長野市保健所(長野市)
「犬と猫の休日譲渡会等を毎月開催しています」

活動内容

活動内容

長野市では、譲渡を推進するため、休日譲渡会を開催しています。また、適正飼育を推進するため、飼い方教室を同時開催しています。譲渡会や飼い方教室については、以下を参照ください。

開催日時:4月26日(土)、5月17日(土)、6月21日(土)の午後1時から3時まで
申し込み:電話で保健所までご連絡ください(026-226-9970)
『犬と猫の休日譲渡会』
保護している犬・猫と触れ合っていただき、譲受希望を確認後、後日連絡させていただきます(当日は譲渡しません)。なお、平日は開所時間内いつでも触れ合っていただけます。
『愛犬の正しい飼い方しつけ方教室』
対象:生後4ヵ月以上の、犬の登録と狂犬病予防注射実施済みで、5種以上の予防ワクチンを2回以上接種した健康な犬とその飼い主

URL:http://www.city.nagano.nagano.jp/life/1/7/

このページのトップへ