本文へジャンプ
HOME >動物愛護管理法 >ペットの災害対策
動物愛護管理法

動物愛護管理法タイトル

特定(危険)動物の飼養規制

ペットの災害対策

 災害が起こったときに最初に行うことは、もちろん飼い主自身や家族の安全確保ですが、ペットの安全確保についても、普段から考え備えておく必要があります。十分な水や食料の他、常備薬等も用意し、避難所や避難ルートを確認しておく等、いざというときに慌てないように、ペットに基本的なしつけをし、備えておきましょう。避難するときは、ペットと一緒に避難(同行避難)できるよう、日頃からキャリーバックやケージに入ることなどに慣れさせておくことも必要です。
 そして、避難所等においては、自治体の指示に従い、ルールを遵守し、他の避難者に迷惑をかけてはなりません。特に、避難所では動物が苦手な方やアレルギーを持っている方等への特別な配慮が求められます。また、避難や避難生活はペットにとっても大きなストレスとなる可能性があるので、ペットの行動も考えた十分な準備をすることが重要です。これは決して特別なことではなく、普段からペットの基本的なしつけや健康管理をし、ペットを様々な環境に慣らしておくことが、災害時の備えの基本になります。しつけはペットの安全確保のみならず、災害時のペットのストレスも軽減させ、あなた自身や周囲の方々への安全・安心の確保にも重要です。
 現在ご自分が住んでいる地域で指定されている避難場所は、ペットとの同行避難が可能かどうかをあらかじめ確認し、可能な場合はその注意事項を管轄の自治体に確認する等して、ペットとの避難計画を考えておきましょう。

熊本地震の被災ペット対応報告

熊本地震の被災ペット対応報告

東日本大震災の被災ペット対応

東日本大震災の被災ペット対応報告

パンフレット・報告書等

災害時関連のパンフレット・報告書等

ガイドライン・記録集

パンフレット

動物愛護週間行事シンポジウム 記録集

自治体の防災計画等

自治体の防災計画等

 東日本大震災を契機に、都道府県や市町村等の自治体の中には、飼い主責任による同行避難を前提とした支援体制や放浪動物等の救護体制の準備を進めているところもあります。また、改正動物愛護管理法では、都道府県が策定する動物愛護管理推進計画に、災害時の対応についての記載をすることとされたほか、動物愛護推進員の役割として災害時の協力が追加されました。こうした状況をうけ、今後、自治体による災害への備えについて、より検討が進み、充実していくことが期待されます。

ページTOPへ