鹿児島県立奄美少年自然の家

カッター・いかだ活動で奄美の海を思い切りエンジョイ!

・奄美の海に親しむカッター、かだ活動や海水浴、つりなどの海洋海浜活動
・奄美の自然素材(ソテツの実、サンゴ等)を生かしたクラフト活動
・奄美の森を満喫するオリエンテーリング、ウォークラリーなどの野外活動

連絡先

住所〒894-0043 奄美市名瀬朝仁字赤崎1096 2
電話0997-53-1032ファクス0997-53-1033 
ウェブサイトhttp://www.pref.kagoshima.jp/kikan/amami/

自然体験活動の受け入れ状況

既に小学校を受け入れて、自然体験活動を実施している

受け入れ可能な生徒数、期間、季節

宿泊型

1回あたりに受け入れ可能な人数(約)380名
最長受け入れ期間一般的には2泊3日 
受け入れ季節通年
備考宿泊棟200人、キャンプ場180人

日帰り型

1回あたりに受け入れ可能な人数(約) 
実施時間4時間程度が多い 
受け入れ季節通年 
備考

実施可能な小学校の所在地

宿泊する施設

体験活動の指導者(小学校を受け入れる場合)

保険の加入(受け入れの場合)

実施している小学校向けの体験活動

自然体験プログラムの分野受け入れの場合講師派遣等の場合
自然観察や生態系・多様性に関するプログラムなど
森の自然観察    
海辺の自然観察    
スターウォッチング    
オリエンテーリング    
フィールドアスレチック    
一般的な野外活動
野外炊事・野外料理    
キャンプ    
釣り     
一次産業や生活体験にかかわるプログラム
その他の生活体験    
感性や表現に関連したプログラム
各種ネイチャークラフト    
音楽・絵画・俳句等を用いた自然体験プログラム    
環境保全活動
清掃活動を取り入れたプログラム      
その他のプログラム
・カッター研修(主に中学生以上)
・いかだ活動(主に小学生)

代表的な自然体験プログラム

プログラム名 いかだ活動 
対象者 小学校高学年  
所要時間 半日間  
ねらい ・いかだの組み立てや、一緒にこぐ活動をとおして、協力することの大切さを学ぶ。
・海でいかだをこぐ活動により、郷土の海に親しませる。 
内容 (1)いかだの組み立て方の説明をきく。
(2)いかだを組み立てる。
(3)救命胴衣をつけ、いかだのこぎ方を確認する。
(4)いかだをこぐ
(5)いかだを解体し、後始末をする。 
参加者の声・反響 ・いかだ活動で友達と協力する大切さが分かった。
・他のいかだと競争したのが楽しかった。
・友達と心を合わせたらいかだが進んだのでやればできると思った。