環境省のこと

  • 地球環境が大変なことに!
  • 未来のために環境省は生まれ変わりました
  • 環境省のまとめやく大臣官房って?

未来のために環境省は生まれました。

みなさんは「公害」を知っていますか?
1950〜60年代、工場付近にくらしている人たちが
手足のしびれなど、体の不調をうったえました。
原因は工場から出る有害な物質でした。
体に悪いものが、いつのまにか近くにある。
そんな恐(おそ)ろしいことを防ぐため、
環境の問題に正面から取り組まなければならない。
そこから、日本人みんなが環境の問題を
身近に考えるようになりました。
そして1971年、環境庁が発足しました。
さらに資源が尽(つ)きていく問題、地球の温暖化、
生物多様性の危機など、
時間が経つにつれて環境の問題は増えていきました。
こうした、たくさんの問題を解決するため、
2001年に環境省へと、大きな組織になりました。
環境省は、これからも地球のため、
こどもたちのため、がんばっていきます。

地球温暖化で北極海の氷が少なくなり、そこにいる動物もたいへんなことに 環境省は、東京都の
千代田区霞が関
(かすみがせき)にあります。

環境省は、こどもたちの未来のためにがんばっているんじゃ。