法令・告示・通達

費用効果分析手法の統一化について

  • 公布日:平成13年12月14日
  • 13農振2376・国都下企60・国都下事523・環廃対534

(農林水産省農村振興局計画部事業計画・農林水産省農村振興局整備部農村整備・国土交通省都市・地域整備局下水道部下水道企画・国土交通省都市・地域整備局下水道部下水道事業・環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部廃棄物対策課長から各都道府県農業集落排水担当・下水道担当・廃棄物処理・浄化槽行政担当部(局)長あて)

 汚水処理施設の整備については、既に「都道府県構想」が全都道府県で作成され、「都道府県構想」の見直しが実施されるなど、効率的かつ適正な執行を進めて頂いているところであるが、財政制度等審議会における類似事業間の評価手法の統一化に関する議論等を踏まえ、別紙のとおり、費用効果分析における効果の算定手法の統一を図ったので、今後、事業評価の実施に際して活用するとともに、平成七年一二月一九日付「汚水処理施設の整備に関する構想策定の基本方針」(厚生省、農林水産省、建設省課長連名通知)を踏まえ、必要に応じて「都道府県構想」の見直しに際しても参考とされたい。

ページ先頭へ