法令・告示・通達

国際標準化機構(ISO)の環境マネジメント―ライフサイクルアセスメントに関する国際規格が発行について

  • 公布日:平成12年2月21日
  • 環境庁告示11号

 国際標準化機構(ISO)の環境マネジメント―ライフサイクルアセスメントに関する国際規格が発行されたので告示する。
   国際標準化機構(ISO)の環境マネジメント―ライフサイクルアセスメントに関する国際規格の発行について
 国際標準化機構(ISO)は、平成十年十月一日にISO一四〇四一(環境マネジメント―ライフサイクルアセスメント―目的及び調査範囲の設定並びにインべントリ分析)を発行した。
 この国際規格は、製品等の原材料の採取から製造、使用及び処分に至る生涯を通しての環境影響を調査する技法であるライフサイクルアセスメントのうち、目的と調査範囲の設定及びライフサイクルインべントリ分析に関する国際基準である。環境基本計画(平成六年総理府告示第三十四号)第三部第三章第一節3では、「事業者の役割」として、「製品等の原料採取、製造、流通、消費、廃棄等の各段階における環境への負荷が低減されるよう、全段階における環境への負荷を視野に入れた製品開発、消費者への情報提供、過剰包装の見直し等の取組を進める」こととされており、この国際規格は、これに資するものである。また、この国際規格は、国、地方公共団体、国民等の各主体の自主的積極的な環境保全活動の促進にも資するものである。
 なお、この国際規格の内容は、翻訳され、工業標準化法(昭和二十四年法律第百八十五号)に基づき、平成十一年十一月二十日に日本工業規格Q一四〇四一(一九九九)として制定されている。

ページ先頭へ