採用・キャリア形成支援情報

任期付職員募集【地方環境事務所:国立公園利用推進関係】

任期付職員業務相談会を開催します!

 任期付職員募集に当たり、業務相談会を開催します!
 募集している職員の業務内容、任用条件、勤務する事務所の環境など皆様が応募される前に確認したいことがあれば担当職員が直接お答えします。
 相談会は以下のとおり行いますので、皆様のご参加をお待ちしております。

 日時:令和2年1月24日(金)14:00~17:00
 会場:環境省第2会議室(中央合同庁舎5号館19階)
    東京都千代田区霞が関1-2-2

 予約なしでも来場可能ですが、予約は次のとおり電子メールで受け付けます。

 ・件名を「任期付職員業務相談会予約」としてください。
 ・①氏名、②電話番号、③メールアドレスをメール本文に記載してください。
 ・送信先のメールアドレスは次のとおりです。 Mail:<saiyo3@env.go.jp>

環境省(中央合同庁舎5号館)への入館について

(1)中央合同庁舎5号館の受付(地下1階または1階)で任期付職員業務相談会のため訪問した旨を告げ、免許証などの写真付き身分証明書を提示する。

(2)名簿に氏名、連絡先、行き先を記入し、通行証を受取り、入館する。

※退館の際には、必ず通行証を係員に返却願います。
※入館手続きは、窓口の混雑状況により、多少時間がかかる場合もあります。あらかじめご承知おきください。

1.採用機関及び採用予定人数

北海道地方環境事務所、釧路自然環境事務所、東北地方環境事務所、関東地方環境事務所、中部地方環境事務所、信越自然環境事務所、近畿地方環境事務所、中国四国地方環境事務所、九州地方環境事務所

各若干名(計30名程度)

2.勤務地(事務所名)

以下のいずれかの事務所にて勤務していただく予定です。
なお、通勤が可能であれば、勤務地に居住する必要はありません。

【北海道地方環境事務所管内】

・北海道稚内市末広5-6-1 稚内地方合同庁舎 稚内自然保護官事務所

・北海道上川郡上川町中央町603番地 上川自然保護官事務所

・北海道千歳市支笏湖温泉 支笏洞爺国立公園管理事務所

【釧路自然環境事務所管内】

・北海道斜里郡斜里町ウトロ西186-10 ウトロ自然保護官事務所

・北海道目梨郡羅臼町湯の沢町6-27 羅臼自然保護官事務所

・北海道川上郡弟子屈町川湯温泉2-2-2 阿寒摩周国立公園管理事務所

【東北地方環境事務所管内】

・青森県十和田市大字奥瀬字十和田湖畔休屋486番地 十和田八幡平国立公園管理事務所

・岩手県宮古市日立浜町11-30 宮古自然保護官事務所

・福島県耶麻郡北塩原村大字檜原字剣ヶ峯1093 裏磐梯自然保護官事務所

【関東地方環境事務所管内】

・埼玉県さいたま市中央区新都心1-1 さいたま新都心合同庁舎1号館6階 関東地方環境事務所

・福島県南会津郡檜枝岐村字下ノ原867-1 檜枝岐自然保護官事務所

・群馬県利根郡片品村大字鎌田字下半瀬3885-1 片品自然保護官事務所

・栃木県日光市本町9-5 日光国立公園管理事務所

・神奈川県足柄下郡箱根町元箱根旧札場164 富士箱根伊豆国立公園管理事務所

【中部地方環境事務所管内】

・愛知県名古屋市中区三の丸2-5-2 中部地方環境事務所

・三重県志摩市阿児町鵜方3098-26 伊勢志摩国立公園管理事務所

【信越自然環境事務所管内】

・群馬県吾妻郡嬬恋村大字三原679-3 万座自然保護官事務所

・長野県松本市安曇124-7 中部山岳国立公園管理事務所

【近畿地方環境事務所管内】

・和歌山県新宮市緑ヶ丘2-4-20 吉野熊野国立公園管理事務所

・兵庫県豊岡市竹野町竹野3662-4 竹野自然保護官事務所

・鳥取県岩美郡岩美町浦富字出逢1098-3 浦富自然保護官事務所

【中国四国地方環境事務所管内】

・岡山県岡山市北区下石井1丁目4-1岡山第2合同庁舎11階 中国四国地方環境事務所

・鳥取県米子市東町124-16米子地方合同庁舎4F 大山隠岐国立公園管理事務所

【九州地方環境事務所管内】

・長崎県雲仙市小浜町雲仙320 雲仙自然保護官事務所

・熊本県阿蘇市黒川1180 阿蘇くじゅう国立公園管理事務所

・鹿児島県鹿児島市東郡元町4-1 鹿児島第2地方合同庁舎2F 霧島錦江湾国立公園管理事務所

・鹿児島県熊毛郡屋久島町安房前岳2739-343 屋久島自然保護官事務所

3.公募の内容

 任期の定めのある環境省職員(行政職俸給表(一))として、採用します。

4.職務の内容

 環境省職員として採用後は、上記各事務所に配属となり、国立公園利用企画官又は国立公園管理官(利用担当)として、国立公園満喫プロジェクト等に関する業務のうち、外国人観光客を含む公園利用者を増加させるとともに利用環境を向上させるため、各地域において関係者間の調整や国立公園の利用に関する情報の収集・調整、プロモーション、利用環境の整備・維持管理等に関する以下の業務に従事します。

①国内外に向けた国立公園利用のコンテンツづくりや受け入れ体制構築に向けた地域づくり、プロモーション業務

②ビジターセンター、休憩舎等の直轄施設の利用者のニーズに応えた活用方策を検討・実施するための業務

③国立公園等における自然とのふれあい推進に関する検討・実施に関する業務(利用者指導、イベント開催、情報発信・普及啓発、直轄施設の維持管理等)

④国立公園の利用増進に必要な地域資源に関する調査、管理方策の検討・実施に関する業務

⑤上記①~④に必要な企画・立案、関連情報の収集・分析、関係機関等との連絡調整、会議への参加・運営等の業務

5.求める人材

以下の[1]~[5]を満たす者。

[1]以下のいずれかを満たすこと。

①自然観光資源を活用した地域づくり、着地型観光商品の企画造成又は関係者間の合意形成などについて、一定の経験を有すること。

②接客、営業、広報その他、国立公園の利用促進又はプロモーションに貢献しうる一定の経験を有すること。

③自然観察・解説、利用者指導、環境教育、利用施設の維持管理その他、自然とのふれあいの推進に貢献しうる一定の経験を有すること。

④自然資源に関する調査・研究又は管理・保全活動に関する一定の経験を有すること。

[2]大学卒業後5年以上、短大卒業後8年以上又は高等学校・中等教育学校卒業後10年以上の業務経験(大学院での研究業務を含む。)を有すること

[3]パソコンを使った電子メールによる連絡、ワード・エクセル・パワーポイント等による文書等の作成などの事務能力を有すること

[4]自動車の運転免許を有し、運転ができること

[5]心身ともに健康で、採用予定期間(令和4年3月末まで)中、継続して勤務が可能なこと

6.採用期間

令和2年4月1日より令和4年3月31日まで(予定)

※採用時期は、若干前後する可能性があります。
※任期終了以降、引き続き業務が継続する場合は、勤務実績等を踏まえ任期延長の可能性もあります。

7.応募資格

上記「5.求める人材」参照。

この他、以下に該当する者は応募できませんのでご了承下さい。

・日本国籍を有しない者

・国家公務員法(昭和22年法律第120号)第38条の規定により国家公務員となることができない者

8.応募締切

令和2年1月31日(金)(必着)

9.選考方法

【第1次選考】

審査方法:書類選考

※第1次選考の結果は、応募者全員に通知します。

【第2次選考】

審査方法:面接による人物試験を環境省本省又は各地方環境事務所・自然環境事務所のいずれか希望の場所にて実施します。

※第2次選考の日時・場所等は、第1次選考を通過した者に通知します。また、第2次選考の結果は、第2次選考受験者全員に通知します。

10.応募書類

(1)小論文

 「国立公園などの自然観光資源を活用した①利用の推進、②地域の魅力向上、③国内外への普及啓発(①~③を自由選択)等に向けて、自身が貢献できること」について、800字程度で論述すること。

(2)履歴書(写真貼付)

 ※連絡用に携帯電話及びEメールアドレスも記載のこと。
 ※本人希望欄等に希望する勤務地を記載すること(上記2.の事務所名、第3希望まで記載可)。

(3)過去の業務経験一覧

 ※これまでの職歴を主な担当業務の内容とともに、時系列で記述のこと。

11.勤務時間及び休暇

(1)勤務時間

 8時30分から17時15分まで(昼休みは12時から13時まで)

(*勤務地が関東地方環境事務所又は中部地方環境事務所の場合は、8時30分から17時15分までまたは9時15分から18時まで(昼休みは12時から13時まで))7時間45分/日(週38.75時間)。
上記勤務は、必要に応じ残業があります。

(2)休暇

 週休2日(土・日)、国民の祝日、年末・年始のほか年次休暇、特別休暇(結婚、忌引等)があります。なお、週休日等にイベント等で勤務する場合は、休暇を振り替えることができます。

12.応募書類送付先及び問い合わせ先

 応募書類は、E-メールにより、以下に送付して下さい。

〒100-8975
東京都千代田区霞が関1-2-2
環境省自然環境局国立公園課国立公園利用推進室
TEL:03-5521-8271
E-mail:koen_riyo@env.go.jp
担当:井對、竹節

※メールの送付に当たっては、件名に「任期付職員(*)地方環境事務所応募」と記載してください。

 *希望する勤務地の所管事務所名(例:北海道、東北など)を記載すること。

13.備考

(1)給与等については、学歴、経歴等を勘案して一般職の職員の給与に関する法律に基づき決定されます。

(2)採用内定者に選考された場合、健康診断を受診(自己負担、任意の医療機関で実施)し、その結果を提出していただくことになります。

(3)採用内定者に選考された場合、最終学歴に係る卒業(修了)証明書及び過去に在籍した会社等への在籍証明書を提出していただくことになります。

(4)最終的に採用内定者に選考された場合、現在職に就いている方は、採用時に当該所属先から退職していただく必要があります。

(5)応募書類の返却は行いませんので、あらかじめご了承ください。

ページ先頭へ