採用・キャリア形成支援情報

任期付職員募集(関東地方環境事務所、中部地方環境事務所、近畿地方環境事務所、中国四国地方環境事務所)

1. 採用機関及び採用予定人数

(1)関東地方環境事務所   1名
(2)中部地方環境事務所   2名
(3)近畿地方環境事務所   1名
(4)中国四国地方環境事務所 1名

2. 勤務地

(1)埼玉県さいたま市中央区新都心11-2 明治安田生命さいたま新都心ビル18F
(2)愛知県名古屋市中区三の丸2-5-2
(3)大阪府大阪市中央区大手前1-7-31 OMM8F
(4)香川県高松市高松サンポート合同庁舎南館2階

3. 公募の内容

任期の定めのある環境省職員(行政職俸給表(一))として、採用します。

4. 職務の内容

(1)【関東地方環境事務所、中部地方環境事務所、近畿地方環境事務所】

 採用後は、各事務所野生生物課に配属となり、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律に関する業務及び特定外来生物による生態等に係る被害の防止に関する法律に関する業務等に従事します。

 具体的には、(1)国内希少野生動植物種の捕獲許可・届出、保護増殖等の保全対策の検討・実施等の業務、(2)国内希少野生動植物種の指定候補種の情報収集、(3)希少野生動植物種の販売状況の立入検査等の業務、 (4)特定外来生物の防除に関する情報収集、防除の実施等の業務、(5) 上記(1)~(4)に必要な関係自治体・団体、利害関係者、専門家等との連絡・調整や会議・運営などを行います。

(2)【中国四国地方環境事務所】

 採用後は、事務所野生生物課に配属となり、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律に基づく業務のうち、国内希少野生動植物の指定・保全に関する業務、生息地等保護区の指定・管理に関する業務、動植物園等との連携に関する業務等に従事します。

 具体的には、(1)国内希少野生動植物種の指定候補種の情報収集、保全手法の検討等の業務、(2)国内希少野生動植物種の生息地の情報収集、管理対策の構築、土地所有者への助言指導等の業務、(3)認定希少種保全動植物園の認定に関する情報収集、人工飼育・繁殖のための検討等の業務、(4)(1)~(3)に必要な関係自治体・団体、利害関係者、専門家等と連絡・調整や会議・運営などを行います。

(3)【中部地方環境事務所】

 採用後は、事務所野生生物課に配属となり、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律に基づく業務のうち、野生鳥獣感染症対策に関する業務、広域鳥獣保護管理に関する業務等に従事します。

 具体的には、(1)ニホンジカ等広域に分布する野生鳥獣の保護管理のための情報収集、管理対策の検討、実施等の業務、(2)高病原性インフルエンザ等野生鳥獣における感染症病原体の保有状況等にかかる調査、(3)感染症対策に係る普及啓発、野生鳥獣との接し方の指導等の業務、(4)(1)~(3)に必要な関係自治体・団体、利害関係者、専門家等と連絡・調整や会議・運営などを行います。

5. 求める人材

 上記4(1)については以下の[a]と[1]~[4]を満たす者

 [a]希少種の保全や外来種の対策、動植物の飼育・栽培等についての知見を有すること。(大学、大学院等で当該分野に関する研究実績があることが望ましい。)

 上記4(2)については、以下の[b]と[1]~[4]を満たす者

 [b] 生態学、保全生物学等、野生生物の種の保存や外来生物対策等について知見を有すること。(大学、大学院等で当該分野に関する研究実績があることが望ましい。)

 上記4(3)については以下の[c]と[1]~[4]を満たす者

 [c]野生生物の保護、管理に関する知見を有すること。(大学、大学院等で当該分野に関する研究実績があることが望ましい。)

<共通要件>

 [1] 大学卒業後5年以上の業務経験を有すること

 [2] パソコンを使った電子メールによる連絡、ワード・一太郎・エクセル・パワーポイント等による文書等の作成などの事務能力を有すること

 [3] 自動車の運転免許を有し、運転ができること

 [4] 心身ともに健康で、採用予定期間(平成32年3月末まで)中、継続して勤務が可能なこと

6. 採用期間

平成30年7月1日より平成32年3月31日までの約2年間(予定)

7. 応募資格

上記「5.求める人材」参照。

この他、以下に該当する者は応募できませんのでご了承下さい。

  • 日本国籍を有しない者
  • 国家公務員法(昭和22年法律第120号)第38条の規定により国家公務員となることができない者

8. 応募締切

平成30年5月14日(月)(必着)

9. 選考方法

【第1次選考】

審査方法:書類選考

※第1次選考の結果は、応募者全員に通知します。

【第2次選考】

審査方法:面接による人物試験

※第2次選考の日時、場所等は第1次選考を通過した者に通知します。また、第2次選考の結果は、第2次選考受験者全員に通知します。

10. 応募書類

(1)小論文

 「日本の希少種の保全に関して自身が貢献できること」について、1,600字程度で論述すること。

(2)履歴書(写真貼付))

※ 連絡用に携帯電話及びEメールアドレスも記載のこと。
※ 本人希望欄等に希望する勤務地を記載すること。
※中部地方環境事務所勤務を希望する場合、4の(1)又は4の(3)のいずれかについて希望があれば、その旨を記載すること。

(3)過去の業務経験一覧

 ※ これまでの職歴を主な担当業務の内容とともに、時系列で記述のこと。

11. 勤務時間及び休暇

(1)勤務時間

 8時30分から17時15分まで(昼休みは12時から13時まで)
 7時間45分/日(週38.75時間)。
 上記勤務は、必要に応じ残業があります。

(2)休暇

 週休2日(土・日)、国民の祝日、年末・年始のほか年次休暇、特別休暇(結婚、忌引等)があります。

12. 応募書類郵送先及び問い合わせ先

〒100-8975

東京都千代田区霞が関1-2-2

環境省自然環境局野生生物課

TEL:03-5521-8282

担当:安西

※ 書類の送付に当たっては、封筒に「任期付職員(*)地方環境事務所応募書類在中」と朱書きしてください。

*希望する勤務地の事務所名を記載すること。

13. 備考

(1)給与等については、学歴、経歴等を勘案して一般職の職員の給与に関する法律に基づき決定されます。

(2)採用内定者に選考された場合、健康診断を受診(自己負担、任意の医療機関で実施)し、その結果を提出していただくことになります。

(3)採用内定者に選考された場合、最終学歴に係る卒業(修了)証明書及び過去に在籍した会社等への在籍証明書を提出していただくことになります。

(4)最終的に採用内定者に選考された場合、現在職に就いている方は、採用時に当該所属先から退職していただく必要があります。

(5)応募書類の返却は行いませんので、あらかじめご了承ください。

ページ先頭へ