採用・キャリア形成支援情報

任期付職員募集(九州地方環境事務所野生生物課)

1. 採用機関及び採用予定人数

環境省九州地方環境事務所野生生物課   1名

2. 勤務地

鹿児島県出水市文化町1000 出水市ツル博物館クレインパークいずみ 出水自然保護官事務所

3. 公募の内容

 任期の定めのある環境省職員(行政職俸給表(一))として、採用します。

4. 職務の内容

 採用後は、環境省九州地方環境事務所野生生物課に配属となり、野生鳥獣に関する感染症対策等に関する業務に従事することとなります。

 具体的には、①管内の野生鳥獣における高病原性鳥インフルエンザ等感染症病原体の保有状況等サーベイランス及び感染症対策に関する情報・意見交換、普及啓発等、②国指定鳥獣保護区における野鳥等の監視、保護、収容、検査、防疫措置等、③ツル類の新越冬地形成等希少鳥類保護のための計画策定、①~③の業務に係る関係者との調整及び事業の実施等に従事します。

5. 求める人材

 以下の[1]~[4]を全て満たす者。

[1] 大学卒業又はこれと同等の学歴を有すること

[2] 心身ともに健康で、当該任期を継続して勤務が可能であること

[3] 大学卒業後7年以上の業務経験を有すること(大学院の年数については、業務経験年数と見なす)

[4] 以下の(1)~(4)のうち1つ以上の要件を満たしていること

(1) 獣医師資格を有すること

(2) 野生鳥獣の感染症に関する専門的知識を有すること

(3) 野生鳥獣の生態に関する専門的知識を有すること

(4) 獣医公衆衛生又は野生生物分野の調査研究等の経験を有すること

6. 採用期間

平成30年4月1日より平成33年3月31日までの3年間(予定)

7. 応募資格

 上記「5.求める人材」参照。

 この他、以下に該当する者は応募できませんのでご了承下さい。

  • 日本国籍を有しない者
  • 国家公務員法(昭和20年法律第120号)第38条の規定により国家公務員となることができない者

8. 応募締切

平成30年1月9日(火)(必着) 

9. 選考方法

【第1次選考】

審査方法:書類選考

※ 第1次選考の結果は、応募者全員に通知します。

【第2次選考】

審査方法:面接による人物試験

※ 第2次選考の日時、場所等は第1次選考を通過した者に通知します。また、第2次選考の結果は、第2次選考受験者全員に通知します。

10. 応募方法

(1)小論文

「野生鳥獣の保護に関する具体的な提言」について、1600字程度で論述すること。

(2)履歴書(写真貼付)

※ 連絡用に携帯電話及びEメールアドレスも記載のこと。

(3)過去の業務経験一覧

※ これまでの職歴を主な担当業務の内容とともに、時系列で記述のこと。

※ これまでの調査研究等の実績を、時系列で記述のこと。

11. 勤務時間及び休暇

(1)勤務時間

 8時30分から17時15分まで(昼休みは12時から13時まで)の7時間45分/日(週38.75時間)。

 なお、業務の都合により土・日・国民の祝日の出勤があります。その場合は、代休等を取得することができます。

 上記勤務は、必要に応じ残業があります。

(2)休暇

 週休2日(土・日)、国民の祝日、年末・年始のほか年次休暇、特別休暇(結婚、忌引等)があります。

12. 応募書類郵送先及び問い合わせ先

〒100-8975
東京都千代田区霞が関1-2-2
環境省大臣官房秘書課
TEL:03-5521-8207
担当:小林

※ 書類の送付に当たっては、封筒に「任期付職員(九州地方環境事務所野生生物課)応募書類在中」と朱書きしてください。

13. 備考

(1)給与等については、学歴、経歴等を勘案して一般職の職員の給与に関する法律に基づき決定されます。

(2)採用内定者に選考された場合、健康診断を受診(自己負担、任意の医療機関で実施)し、その結果を提出していただくことになります。

(3)採用内定者に選考された場合、最終学歴に係る卒業(修了)証明書及び過去に在籍した会社等の在籍証明書を提出していただくことになります。

(4)採用内定者に選考された場合、現在職に就いている方は、採用時に当該所属先から退職していただく必要があります。

(5)応募書類の返却は行いませんので、あらかじめご了承ください。

ページ先頭へ