採用・キャリア形成支援情報

官庁訪問

春季官庁訪問

夏季官庁訪問

令和元年度の官庁訪問について

令和元年度(令和2年度新採用)の官庁訪問の日程が決まりましたのでお知らせします。

春季官庁訪問 ※夏官庁訪問が6月26日から開始します。

環境省では、令和元年6月、過年度(平成29年度及び平成30年度)に国家公務員総合職試験に合格された方を対象に、理工系職員採用のための官庁訪問を受け付けます。なお、まだ国家公務員総合職試験に合格しておらず、今年度受験される方は、2次試験合格発表後に実施される夏季官庁訪問にお越しください。夏季官庁訪問の詳細は、決まり次第このページでお知らせします。

官庁訪問とは、職員採用のための面接・選考過程であり、環境省職員を志望される方は、必ず経る必要があります。なお、今回の春季官庁訪問により内々定の通知を受けた方の採用予定時期は、原則として令和2年4月です。

令和元年の春季官庁訪問(令和2年度新採用選考)は、下記のとおり行います。

対象者

以下の要件を満たす国家公務員試験のいずれかに合格された方が対象となります。

試験年度試験区分
  • H29及びH30
    (国家公務員総合職試験)

    ※「大卒程度試験」又は「院卒者試験」
  • 工学
  • 数理科学・物理・地球科学
  • 化学・生物・薬学
  • 農業科学・水産
  • 農業農村工学
  • ※いずれの試験合格者も受験可能です。
  • ※今年度より「農業科学・水産」、「農業農村工学」も対象としております。
  • ※環境省の外局である原子力規制委員会は独自で採用を行っているため、原子力規制委員会への採用を希望される方は、同委員会の採用ページをご覧ください。

訪問期間

令和元年6月3日(月)午前9時00分~6月6日(木)

※詳細は下記の留意事項をご確認ください。

予約

アップロードされているExcelのフォーマットに必要事項を記載の上、

5月31日(金)午後4時までに、saiyo2@env.go.jp宛てへメールを送付ください。

メールの件名は「理工系官庁訪問(名前)」でお願いいたします。

<必要事項>

①名前

②電話番号(日中連絡の取れるもの)

③メールアドレス(官庁訪問期間中に確認が可能なもの)

④試験区分

⑤合格年度

⑥訪問可能な日程

※6月3日(月)、4日(火)の間で訪問可能な日程を記載ください。

※十分な選考期間の確保のため、可能な限り、官庁訪問期間の最初の2日間(6月3日(月)及び6月4日(火))のいずれかの午前中から、第1回目の訪問を行ってください。

なお、第1回目の訪問後は、官庁訪問ルールに従い、6月6日(木)午後5時以降の内々定解禁に至るまでの間、採用担当者の指定する日時にお越しいただき面接を行います(初回を含め、合計で最大3日間)。ただし、遠方からお越しの方や民間企業での就職活動などで対応が難しい場合は、個別にご相談ください。

受付場所

環境省(中央合同庁舎5号館

環境省第2会議室(19階)

※環境省総合職理工系では、東京(霞が関)以外での官庁訪問を受け付けておりません。

持ち物

1.学生証、運転免許証等の写真付き身分証明書(庁舎入館時に必要となります。)

2.官庁訪問申込票

官庁訪問申込票をダウンロードして内容記入と印刷をしていただき(パソコン入力でも手書きでもどちらでも 可)、証明写真1枚を貼り付け、当日ご持参をお願いします。写真は4cm×3cm程度、カラー・白黒不問です。

※ただし、申込票を持参できない場合、官庁訪問当日、受付場所で印刷・記入することも可能です。

留意事項

(1) 5号館の入館に際しては、以下の手続が必要となります。

 1)入館受付(地下1階または1階)で学生証などの写真付き身分証明書を提示し、官庁訪問(面接)のため訪問した旨を告げる。

 2)受付簿に氏名、連絡先、行き先を記入し、通行証を受け取って入館する。

  • 詳細については入館受付の指示に従ってください。
  • 退館の際には、必ず通行証を係員に返却願います。
  • 入館手続きは、窓口の混雑状況により、多少時間がかかる場合もあります。時間に余裕をもってお越しください。

(2) 省庁間の申し合わせにより、下記の通り、官庁訪問のルールが定められています。

  • 官庁訪問期間は、6月3日(月)午前9時から6月6日(木)までとします。

  • 第1クール(6月3日(月)及び6月4日(火))及び第2クール(6月5日(水)午前の部及び午後の部)では、同一省庁への訪問はクール毎に1回とします。

  • そのため、例えば第1クールで6月3日(月)に環境省を訪問した場合、その方は6月4日(火)に環境省を訪問することができません。

  • 第3クール(6月6日(木))は、任意の省庁に訪問することができます。

  • 内々定の解禁は6月6日(木)午後5時以降とします。
  • 土曜日及び日曜日(6月1日(土)及び6月2日(日))は、受験者とは電話、メールを含めいかなる接触も行わないこととします。

6月

3(月)

9時以降

4(火)

9時以降

5(水)午前の部

9時以降

5(水)午後の部

15時以降

6(木)

9時以降

官庁訪問開始

午後5時~
内々定解禁

第1クール

(いずれか1日に訪問可)

第2クール

(いずれかに訪問可)

第3クール

問い合わせ先
大臣官房秘書課任用係
TEL:03-5521-8207
E-mail:saiyo2@env.go.jp

    その他

    • 官庁訪問のスケジュールの詳細については、人事院のホームページ(リンク)も御覧ください。
    • 当省では、地球温暖化対策及びオフィスの省エネ・節電の観点から、例年5月1日から9月30日の間、冷房の適温化の徹底と併せて、クールビズ軽装を励行・実践しております。官庁訪問される際には、是非、軽装にてお越しください。

    夏季官庁訪問 

    環境省では、令和元年6月、国家公務員総合職試験(H29、H30及びR1)に合格された方を対象に、理工系職員採用のための官庁訪問を受け付けます。

    官庁訪問とは、職員採用のための面接・選考過程であり、環境省職員を志望される方は、必ず行っていただく必要があります。なお、今回の夏季官庁訪問により内々定の通知を受けた方の採用予定時期は、原則として令和2年4月です。

    令和元年の夏季官庁訪問(令和2年度新採用選考)は、下記のとおり行います。。

    対象者

    以下の要件を満たす国家公務員試験のいずれかに合格された方が対象となります。

    試験年度

    試験区分

    H29、H30及びR1
    (国家公務員総合職試験)

    ※「大卒程度試験」又は「院卒者試験」

    工学

    数理科学・物理・地球科学

    化学・生物・薬学

    農業科学・水産

    農業農村工学

    ※いずれの試験合格者も受験可能です。

    ※環境省の外局である原子力規制委員会は独自で採用を行っているため、原子力規制委員会への採用を希望される方は、同委員会の採用ページをご覧ください。

    訪問期間

    令和元年6月26日(水)午前8時30分~

    ※十分な選考期間の確保のため、可能な限り、官庁訪問期間の最初の3日間(6月26日~28日)の間に、第1回目の訪問を行ってください。

    なお、第1回目の訪問後は、官庁訪問ルールに従い、7月9日(火)正午以降の内々定解禁に至るまでの間、採用担当者の指定する日時にお越しいただき面接を行います(初回を含め、合計で最大5日間)。ただし、遠方からお越しの方や民間企業での就職活動などで対応が難しい場合は、個別にご相談ください。

    受付場所

    <受付開始時刻>

    • 6月26日(水)~28日(金) 8:30~

    • 7月1日(月)~3日(水) 9:00~

    <受付場所>

    環境省(中央合同庁舎5号館

    第1会議室(22階)

    ※場所の詳細は後日掲載します。

    ※環境省総合職理工系では、東京(霞が関)以外での官庁訪問を受け付けておりません。

    ※訪問に当たっての事前の予約は「不要」です。

    持ち物

    1.学生証、運転免許証等の写真付き身分証明書(庁舎入館時に必要となります。)

    2.官庁訪問申込票

    官庁訪問申込票をダウンロードして内容記入と印刷をしていただき(パソコン入力でも手書きでもどちらでも可)、証明写真1枚を貼り付け、当日ご持参をお願いします。写真は4cm×3cm程度、カラー・白黒不問です。

    ※ただし、申込票を持参できない場合、官庁訪問当日、受付場所で印刷・記入することも可能です。

    留意事項

    (1)中央合同庁舎5号館の入館に際しては、以下の手続が必要となります。

    1)入館受付(地下1階または1階)で学生証などの写真付き身分証明書を提示し、官庁訪問(面接)のため訪問した旨を告げる。

    2)受付簿に氏名、連絡先、行き先を記入し、通行証を受け取って入館する。

    • 詳細については入館受付の指示に従ってください。
    • 退館の際には、必ず通行証を係員に返却願います。
    • 入館手続きは、窓口の混雑状況により、多少時間がかかる場合もあります。時間に余裕をもってお越しください。

    (2)省庁間の申し合わせにより、下記の通り、官庁訪問ルールが定められています。

    • 官庁訪問期間は、6月26日(水)午前8時30分から7月9日(火)までとします。

    • 第1クール(6月26日(水)~6月28日(金))及び第2クール(7月1日(月)~7月3日(水))では、同一省庁への訪問は3日に1回とします。(翌日・翌々日の訪問不可)
    • そのため、例えば第1クールで6月26日(水)に環境省を訪問した場合、その方は6月27日(木)及び6月28日(金)に環境省を訪問することができません。
    • また、例えば第1クールで6月28日(金)に環境省を訪問した場合、その方は第2クールで7月1日(月)及び7月2日(火)に環境省を訪問することができません。
    • 第3クールの初日(7月4日(木))は任意の省庁に訪問可能ですが、翌日の同一省庁への訪問はできません。
    • そのため、7月4日(木)に環境省を訪問した場合、その方は7月5日(金)に環境省を訪問することができません。
    • 第4クール及び第5クール(7月8日(月)及び7月9日(火))は、任意の省庁に訪問することができます。
    • 内々定の解禁は7月9日(火)正午以降とします。
    • 土曜日、日曜日及び祝日(6月29日(土)、30日(日)、7月6日(土)、7日(日))は、受験者とは電話、メールを含めいかなる接触も行わないこととします。

      6月

      7月

      26()

      27()

      28()

      ()

      ()

      ()

      官庁訪問開始

      1クール

      (訪問は3日に1回(翌日・翌々日の訪問不可))

      2クール

      (訪問は3日に1回(翌日・翌々日の訪問不可))

      7月

      ()

      ()

      ()

      ()

      正午以降

      内々定解禁

      3クール

      (訪問は2日に1回(翌日の訪問不可))

      4クール

      (連日訪問可)

      5クール

      (連日訪問可)


    問い合わせ先

    大臣官房秘書課任用係

    TEL:03-5521-8207

    E-mail:saiyo2@env.go.jp

    その他

    • 官庁訪問のスケジュールの詳細については、人事院のホームページ(リンク)も御覧ください。
    • 当省では、地球温暖化対策及びオフィスの省エネ・節電の観点から、5月1日から9月30日の間、冷房の適温化の徹底と併せて、クールビズでの軽装を励行・実践しております。官庁訪問される際には、是非、軽装にてお越しください。

    また、例えば第1クールで6月28日(金)に環境省を訪問した場合、その方は第2クールで7月1日(月)及び7月2日(火)に環境省を訪問することができません。

    第3クールの初日(7月4日(木))は任意の省庁に訪問可能ですが、翌日の同一省庁への訪問はできません。

    そのため、7月4日(木)に環境省を訪問した場合、その方は7月5日(金)に環境省を訪問することができません。

    第4クール及び第5クール(7月8日(月)及び7月9日(火))は、任意の省庁に訪問することができます。

    内々定の解禁は7月9日(火)正午以降とします。

    ページ先頭へ