数字・キーワードから見る環境問題 eco scope

環境問題にまつわる数字やキーワードについて
毎週1つずつ解説します。

カーボンニュートラルとは、温室効果ガスの排出が差し引きゼロになること カーボンニュートラルとは、温室効果ガスの排出が差し引きゼロになること

日本では、2050年までの実現を目指しています

2020年10月、菅内閣総理大臣は2050年カーボンニュートラルを宣言しました。そして2021年4月には、2050年カーボンニュートラルと整合的で、野心的な目標として、2030年度に、温室効果ガスを2013年度から比較して46%削減すること、さらに50%の高みに向けて挑戦を続けることを表明しています。
 2019年度の日本の温室効果ガス排出量から吸収量を引いた値は約11.7億t(CO2換算、以下同じ)。この値を2030年度には約7.6億t(2013年度比46%減)とすること、そして2050年までにゼロとすることが目標となります。
 新たな2030年度目標、そして2050年カーボンニュートラルの達成に向けては、あらゆる分野でのあらゆる主体の取り組みが必要です。社会全体で力を合わせてカーボンニュートラルを目指しましょう。

もっと詳しく
環境省「温室効果ガス排出・吸収量等の算定と報告」

温室効果ガスインベントリ(温室効果ガス排出・吸収量)や、

日本の地球温暖化対策・施策などについてまとめた

国別報告書・隔年報告書などの情報を掲載しています。

イラスト/ナカオテッペイ