環境の日及び環境月間

6月5日環境の日 6月は環境月間です

環境の日及び環境月間とは

 6月5日は環境の日です。これは、1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して定められたものです。国連では、日本の提案を受けて6月5日を「世界環境デー」と定めており、日本では「環境基本法」(平成5年)が「環境の日」を定めています。
 「環境基本法」は、事業者及び国民の間に広く環境の保全についての関心と理解を深めるとともに、積極的に環境の保全に関する活動を行う意欲を高めるという「環境の日」の趣旨を明らかにし、国、地方公共団体等において、この趣旨にふさわしい各種の行事等を実施することとしています。
 我が国では、環境庁の主唱により、平成3年度から6月の一ヶ月間を「環境月間」(昭和48年度~平成2年度までは、6月5日を初日とする「環境週間」)とし、全国で様々な行事が行われています。世界各国でも、この日に環境保全の重要性を認識し、行動の契機とするため様々な行事が行われています。

平成28年度環境月間

平成27年度環境月間

平成26年度環境月間

平成25年度環境月間

平成24年度環境月間

平成23年度環境月間

平成22年度環境月間

平成21年度環境月間

平成20年度環境月間

平成19年度環境月間

 平成19年度の環境月間では、昨年度に引き続き、地球温暖化防止大規模国民運動「チーム・マイナス6%」などと連携を図り、国民一人ひとりが自らの生活・行動を見直していくことや、新たな環境技術や地域の活性化などに視点を置いて、国、地方公共団体、企業、民間団体、国民の参加と協力の下に、環境保全活動の普及、啓発に関する各種行事等を実施しました。

平成18年度環境月間

 平成18年度の環境月間では、昨年度に引き続き、地球温暖化防止大規模国民運動「チーム・マイナス6%」などと連携を図り、国民一人ひとりが自らの生活・行動を見直していくことや、新たな環境技術や地域の活性化などに視点を置いて、国、地方公共団体、企業、民間団体、国民の参加と協力の下に、環境保全活動の普及、啓発に関する各種行事等を実施しました。

平成17年度環境月間

 平成17年度の環境月間では、地球温暖化防止大規模「国民運動」と連携を図り、国民一人ひとりが自らの生活・行動を見直していくことや、新たな環境技術や地域の活性化などに視点を置いて、国、地方公共団体、企業、民間団体、国民の参加と協力の下に、環境保全活動の普及、啓発に関する各種行事等を実施しました。

平成16年度環境月間

 平成16年度の環境月間では、国民一人ひとりが自らの生活・行動を見直していくこと、新たな環境技術や地域の活性化などに視点を置いて、国、地方公共団体、企業、民間団体、国民の参加と協力の下に、環境保全活動の普及、啓発に関する各種行事等を実施しました。

平成15年度環境月間

 平成15年度の環境月間では、「はじめています。地球にやさしい新生活」をテーマとし、国民一人ひとりの生活の見直しと新たな環境技術に対する理解と行動に視点を置き、「環境の日」を中心とする「環境月間」において、国、地方公共団体、企業、民間団体、国民の参加と協力の下に、環境保全活動の普及、啓発に関する各種行事等を実施しました。

平成14年度環境月間

 平成14年度の環境月間では、「見直そう今までの暮らし 考えようこれからの暮らし」をテーマとし、持続可能な社会の構築に向けた国民一人ひとりの意識高揚と実践を促進するとともに、環境保全のすそ野を拡げていくため、国、地方公共団体、企業、民間団体、国民の参加と協力の下に、環境保全活動の普及、啓発に関する各種行事を実施しました。

平成13年度環境月間

 平成13年度の環境月間では、「時代が変わる 私が変わる 環境世紀の幕開けです」をテーマとし、21世紀を「地球と共生する『環の国』日本」とすべく、循環型社会の実現に向けて、国、地方公共団体、企業、民間団体、国民の参加と協力の下、環境保全活動の普及・啓発に関する各種行事を実施しました。

 平成13年度環境の日及び環境月間に実施された各種行事のうち、国、県、政令指定都市が主催あるいは後援した行事をとりまとめました。

平成12年度環境月間

 平成12年度の環境月間では、「循環社会 捨てずに生かす 新時代」をテーマとし、「循環型社会」の構築を重点として、国、地方公共団体、企業、民間団体、国民の参加と協力の下、環境保全活動の普及・啓発に関する各種行事を実施しました。
 

 平成12年度環境の日及び環境月間に実施された各種行事のうち、国、県、政令指定都市が主催あるいは後援した行事をとりまとめました。

平成11年度環境月間

 平成11年度の環境月間では、「きこえますか地球の鼓動、みえますか環境の世紀」をテーマとし、国、地方公共団体、企業、民間団体、国民の参加と協力の下、環境保全活動の普及・啓発に関する各種行事を実施しました。
 特に、今年度は「世界環境デー」記念式典(国連環境計画、日本政府及び東京都の共催)が6月5日に東京にて開催されたことから、環境月間行事は全て「世界環境デー」記念式典関連行事として位置づけました。

平成11年度環境の日及び環境月間に実施された各種行事のうち、国、県、政令指定都市が主催あるいは後援した行事をとりまとめました。

平成10年度環境月間

 平成10年度の環境月間は、昨年12月に開催された「地球温暖化防止京都会議」の成果を広く周知し、その具体化に向け暮らしと経済活動のあり方を変えて行くために、統一テーマを「地球と未来の仲間のために 暮らしを変える わたしから」とし、地球温暖化の防止を重点として、国、地方公共団体、企業、民間団体等において、各種の行事を実施しました。

 平成10年度環境の日及び環境月間に実施された各種行事のうち、国、県、政令指定都市が主催あるいは後援した行事をとりまとめました。

平成9年度環境月間

 平成9年度の環境月間は、同年12月の「地球温暖化防止京都会議」に向けて、統一テーマを「地球が発熱! あなたが止める温暖化」とし、地球温暖化の防止を重点として、国、地方公共団体、企業、民間団体等において、各種の行事が実施されました。

 平成9年度環境の日及び環境月間に実施された各種行事のうち、国、県、政令指定都市が主催あるいは後援した行事をとりまとめました。

ページ先頭へ