←前ページ目次次ページ

平成14年度 環境省重点施策

I.はじめに 〜地球と共生する「環の国」日本を目指して〜

 「持続可能な開発」を掲げた地球サミットから10年、私達は環境問題の解決に努力してきました。環境問題への取組はずいぶん身近になりました。しかしながら、廃棄物問題や自動車環境問題など地域的な問題から、地球温暖化や生物多様性の喪失、化学物質問題など空間的、時間的広がりを持つ問題にまで、問題はむしろ拡大し、深刻化しています。社会全体の構造改革に取り組む今こそ、持続可能な社会経済システムを具体化させるよう、「自然との共生」を旗印に、新たな社会に向かって大きく舵を切りましょう。

 「21世紀『環の国』づくり会議」が地球の環、物質循環の環、生態系の環等の実現を訴え、経済財政諮問会議 も平成14年度に重点的に推進すべき分野の第一として「循環型経済社会の構築など環境問題への対応」を挙げるなど、国政全体において環境保全政策の重要性の認識が高まっています。

 環境省は、政府全体の先頭に立って環境政策をリードし、市民、企業、自治体、さらには諸外国等とのパートナーシップの下、様々な壁に挑戦する行動官庁として「簡素」で「質」の高い活力ある持続可能な社会、すなわち、「地球と共生する『環の国』日本」の実現を目指して百年先を見通した構造改革を進めていきます。また、この責務を果たすため、環境省の体制についても、合理化に向け不断の見直しを行いつつ、必要な充実強化を図っていきます。

 平成14年度においては、「環の国」の実現に向けた第一歩として、次の7分野の変革を進めます。

平成14年度の環境省の重点施策の体系



←前ページ目次次ページ