国民公園及び千鳥ケ淵戦没者墓苑

新宿御苑ニュース

RSS

自然体験プログラム

6件の記事があります。

2009年03月16日開催報告 母と子の森自然教室 「虫のすみかをつくろう」

新宿御苑自然体験プログラム


3月15日(日)、母と子の森の自然観察と「虫の隠れ家づくり」を行いました。自然の中に色々な空間があることの大切さを感じていただきたいと企画したものです。その様子をご報告します。

池の浅瀬には、メダカが群れで泳いでいました。



日の良くあたる幹には、ハラビロカマキリの卵が付いていました。



落ち葉の下を覗いてみるとツクシが出ていました。





イヌコリヤナギには昆虫がやってきていました。

まだ花の少ないこの時期、小さな花でも、冬から目覚めた昆虫にとっては大切なもののようです。



観察会が終わってからは、虫を呼ぶための仕掛け作りをしました。

昔、人里でよく見られた竹筒・ヨシ筒などに巣を作る昆虫たちを呼ぶために、参加者の皆さんと一緒に、竹筒の束を作って西休憩所に設置しました。


スタッフサポートのもとノコギリ引きを行いました。


竹の残りを竹笛にして遊びました。


竹をお母さんと一緒にシュロ縄で束ねました。


追記
自然教室後に野原に腰掛けていると、ハナアブに出会いました。ムラサキハナナが一斉に花を咲かしているので飛来してきたようです。



自然教室は、できるだけたくさんの生き物たちに出会ってほしい、という願いをもって取り組んでいます。母と子の森を歩いて、どうしてたくさんの生き物がいるのか、そんなことを考えてもらえたら幸いです。生き物たちと親しくなることで、私たちの大切な普段の暮らしを知ることにもなると考えているからです。

来年度の4月以降も、母と子の森自然教室の開催を予定しています。
スケジュールは、決まりましたら新宿御苑のホームページや園内の掲示板に掲載します。みなさまと自然教室でお会いできること、楽しみにしております。

ページ先頭へ↑

2009年03月10日開催報告 母と子の森自然教室「森の恵み キノコを育てよう」

新宿御苑自然体験プログラム

原木でのキノコづくりのイベントを日差しの温かかった3月7日(土)に行いました。

子どもの頃から「自然とのつながりの中で、恵みを授かりながら暮らしている」ことを肌で感じてもらうことで、生物多様性を保全することの大切さを学んでもらおうと企画したもので、原木には、母と子の森の状態を健康に保つために間引きした木材を活用しました。

それでは、その模様を報告します。

 

母と子の森を散策しながら、森の管理方法やキノコについて学んでもらった後に原木でキノコをつくる方法の解説を行いました。


日の当たる暖かい草原広場で行いました。


ドリルで原木に穴をあけるお母さん


スタッフの補助を受けてドリル使いにチャレンジ


お父さんと一緒に菌駒をトンカチで打ち込みました



お母さんに見守ってもらいながら木槌をたたきました


シイタケ、ナメコ、ヒラタケ、クリタケ、タモギタケの菌駒を用意しました。シイタケはクヌギの原木に、ナメコはサクラの原木に、他のキノコはスダジイの原木に接種しました。
キノコの菌糸の繁殖と樹種には相性があります。森の恵みとなるキノコを発生させるには、森に色々な樹木があることが大事と感じていただけたとのではないでしょうか。


作業の終わった原木は、キノコの菌糸が発生しやすい日陰の場所に移動しました。



水分をいっぱい含んでいる生木は重いです。みんな力を合わせて運びました。


自分の体重より重い原木は、トロッコで運びました。


つくった原木の前で「キノコっ!」のポーズをとって記念写真


キノコが出たら新宿御苑ホームページのニュースで報告します。
色々なキノコがなることを楽しみにしていてください。


追記
この日の母と子の森では、春の訪れを感じさせてくれる山菜(食べられる植物)が顔を出し始めていました。


フキノトウ
太陽の形をした花の部分はフキノトウといいます。
良い香りがして、少し苦みがありますが多くの人に愛されている山菜です。食べるにはもう遅いぐらいに成長していました。


タラノキ
若芽を天ぷらにするとは歯ごたえがあり山菜の中でもいちばん人気があるタラノキです。まだ若芽は出ていませんでした。


ワラビ
おひたしなどとして昔からで食べられているものです。
ゆっくりと地中から顔を出し始めていました。

☆新宿御苑からのお願い☆
 新宿御苑では自然観察用にこれらの植物を管理しています。
 採ったりしないようお願いします。

ページ先頭へ↑

2009年01月25日自然教室の"ほだ木"からシイタケが出ました

新宿御苑自然体験プログラム



昨年の冬から1年、母と子の森自然教室で、参加者のみなさんと菌打ちした「ほだ木」にシイタケがなりました。


自然教室の「キノコのほだ木づくり」は、雑木林(ぞうきばやし)の管理作業の一つを、自然体験プログラムにしたものです。この時のテーマは、「雑木林は適切に利用をすれば、人に自然の恵みを尽きることなく与えてくれる」という里地里山の文化や自然の仕組みを体験するということでした。

キノコのほだ木つくりの実施した模様は、こちらをクリックすると見ることができます。

雑木林は、キノコの「ほだ木」としても活用できるクヌギ等の広葉樹を萌芽更新させる方法で管理をしています。これは、伐採しても切り株を残せば、その切り株からまた芽が出て林が再生されるという林の再生産のサイクルのことで、資源を持続的に利用できるようしてくれます。




雑木林の林床に置いた「ほだ木」から出たシイタケ。




また来年もシイタケがほだ木から出るように、菌床を痛めないように気をつけながらシイタケをとりました。


今年の冬の自然教室は、「虫のすみか」づくりを行います。
この企画も、キノコのほだ木づくり同様に、つくった数ヶ月後に結果がでてくるので、その間ワクワクとした気持ちになれるものです。
ただいま参加者を募集しておりますので、みなさまのご応募お待ちしております。
自然教室への参加申し込みは、こちらをクリックすると見ることができます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新宿御苑からのお願いです。母と子の森の「ほだ木」は、自然環境学習のため実施しているものであり、シイタケが出ていても、とったりしないようお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ページ先頭へ↑

2008年12月15日【開催報告】落ち葉で遊ぼう! 母と子の森自然教室

新宿御苑自然体験プログラム

12月14日(日)、母と子の森で自然教室「落ち葉で遊ぼう!」を開催し、この季節でしか楽しめない“落ち葉”を素材に自然と親しんでもらいました。

当日は雨のため外で体を大きく使うことができないので、母と子の森の小屋で、落ち葉クラフトとクラフトの発表会を行いました。



クラフトに使う落ち葉は自給自足です。傘を持ち雨の匂いをかぎながら、母と子の森で気に入った色や形をした落ち葉を集めました。



この秋に成った森の木の実も使って工作開始。ダンボール、毛糸に画用紙・・・どれを使うかはもちろん自分次第。いろんな作品が生まれるのではないでしょうか。




お父さんと相談しながらつくる子ども。子どもと一緒の“手づくり”は、お父さんにも、子どもの成長の発見があって面白かったのではないでしょうか。




雨で気温5℃でも服を暖かく着込んで、“手づくり”に熱中しています。アイデアが浮かんだり、ちょっと良くできと思った時は、思わずにっこり笑顔がこぼれるコミュニケーションがありました。








「楽しかった」「持って帰ってお母さんに見せてあげたい」といううれしい感想をいただきました。




参加者から写真を送っていただきました。手づくりの暖簾(のれん)が、部屋の入口の温かなアクセントとなっています。
    

母と子の森自然教室では、身近なことから創意工夫で自然と遊ぶことの楽しさを感じてもらい、自然を大事に思える気持ちを育みたいと考えています。
次回の自然教室は、「虫のすみか作り」です。今年の夏の調査では、新宿御苑に337種の陸上昆虫類が生息していることを確認しています。すみかを作る楽しみだけでなく、どんなところが虫のすみかになるのか、昆虫の視点を学べるプログラムにする予定です。みなさまのご参加をお待ちしております。


おことわり:今回の自然教室は、新宿御苑の行事として落ち葉や木の実の採取を行いました。通常は、新宿御苑では植物の花や枝を採ることは禁止しています。

ページ先頭へ↑

2008年12月14日【開催報告】 自然体験型写真講座「落ち葉をきれいに撮影しよう」

新宿御苑自然体験プログラム

新宿御苑の紅葉も終盤に差しかかった12月13日(土)、母と子の森で自然体験型写真講座「落ち葉をきれいに撮影しよう」を開催しました。





鮮やかな色が永遠に続かないのが落ち葉です。そんな落ち葉について自然体験で得た喜びを、いつまでも残せるよう、自然観察会の中で写真の技術指導を行いました。さてさて参加者のみなさんは、どんな自然体験をしたのか、撮影した写真で振り返ってみましょう。



まずは、巨樹の森のプラタナスやイチョウの大木の下で、体をあたためるための準備体操。新宿御苑スタッフオリジナルの「もりもり体操」です。木の実が地面に落ちて芽を出し、成長して花を咲かせ、花粉を飛ばす様子などをイメージして体を動かします。


次は家族ごとに分かれ、どのチームが一番高く落ち葉を積み上げられるか競争です。「よーいドン!」のかけ声を合図に、一生懸命落ち葉をかき集めました。


(竹村晶くん撮影・ダイビングするお父さん)
そしてお待ちかねの、落ち葉の山へダイビング。お父さんお母さんも、こどもと一緒にフカフカの落ち葉の中へ飛び込みました。
落ち葉の山に寝そべって、青空とイチョウを心地よく眺めました。


かき集めて遊んだ後の落ち葉は、舞い上げてひらひら落ちる様子を楽しみながら平らになおしました。
落ち葉が風に舞う様子はまるで雪のようにきれいですが、これを写真におさめるのがとっても難しくみんな大苦戦。ポイントは、シャッタースピードを早くして一瞬の動きを捉えることだそうです。


(きれいな黄色に、まだらな緑の模様が入ったイヌビワの葉)
すっかり体が温まり、次は里山の森を自然観察しながらの写真撮影。緑色のまま葉を落とすカンレンボクや、イヌビワの花と実などを観察しながら、気になるものをどんどん写真に撮ります。



(竹村晶くん撮影・親子一緒に黄葉するイヌビワ)
また葉っぱ一枚の美しさだけでなく、母樹(ぼじゅ)の下で幼樹(ようじゅ)が成長し、母樹と同じように葉の色をかえていることにも目を向けてもらいました。


参加者のこどもたち同士で写真の構図を教え合う、ほほえましい場面もありました。


(秋本朋輝くん撮影・ラクウショウの森)
逆光で輝くラクウショウの気根がとてもきれいですね。


(竹村晶くん撮影・サザンカ)
構図がとても上手で、サザンカの華やかさが引き立つ作品です。


(秋本朋輝くん撮影・見上げるメタセコイヤ)
メタセコイヤを真下から見上げて撮った写真です。メタセコイヤのすらっと伸びた幹が強調されていますね。



(秋本朋輝くん撮影、プラキオサウルス)
「あの森に恐竜がいるよ!ジュラシックパークだから、また森に行きたい!」と秋本君は森の中で恐竜を見つけたようです。秋本君は、想像力を働かせ、クモの糸にぶら下がる縮れたモミジの葉を、茶色い落ち葉の道を赤いプラキオサウルスが、こちらに向かって歩いてくる様子にとらえました。他にも森の中でプテラノドンやティラノザウルスも発見していました。

子どもの目から見る世の中は、驚きと発見に満ちていますよね。こんな時に、子どもの見る世界を通じ、お父さんもお母さんも自分の子ども時代の感覚を追体験できたりするのではないでしょうか。


午前中のプログラムの最後は、拾った落ち葉や花びらを使ってプチアート体験。落ち葉と落ち花を蘇らせてみました。落ち葉といっても赤や黄、茶色など様々な色や形があり、地面に並べてみるだけで立派なアートになります。





クリスマスリース
みどりはカンレンボクの落ち葉です。


ゲゲゲの鬼太郎
黄色くなったシダが、シマシマのチャンチャンコです。


強い風が吹けば壊れてしまう自然の素材を使った作品も、写真に残しておけば大切な思い出になりますね。


午後は室内で、撮った写真をスクリーンに写して参加者全員で鑑賞。講師が講評を行い、コンパクトデジカメでこどもの写真を撮る時の明るく写すコツや、接写モードの使い方などを簡単にレクチャーしました。

新宿御苑の自然の中で過ごした今日の思い出は、写真とともにみなさんの記憶の中にもしっかり焼きついたようです。

ページ先頭へ↑

2008年08月01日夕涼み観察会 はじまりました

新宿御苑自然体験プログラム

新宿御苑のスタッフによる夕涼み観察会が、昨日スタートしました。

 参加者が4名であった第1回の会の様子をご報告しますと・・・スタッフとしてお伝えしたかった観察会の心、真夏の新宿のクールアイランド効果について、参加者の方とスタッフが気軽にお話しでき、楽しく実施することが出来ました。

8月の土・日の夕方の貴重なひとときに、みなさまとご一緒できることをスタッフ一同、心よりお待ちしております。


夕涼み自然観察会については、http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/topics/080724.html
をご覧ください。


集合場所です



解説を芝生のうえで

ページ先頭へ↑