研究成果報告書 J96B1411.HTM

検索画面に戻る Go Research



(870Kb)

[B−14 地球温暖化防止対策技術の総合評価に関する研究]

(1)技術評価のためのライフサイクル温室効果ガス排出量の分析に関する研究

ゝ蚕冑床舛里燭瓩離薀ぅ侫汽ぅルCO2排出量の分析に関する研究


[研究代表者]

国立環境研究所地域環境研究グループ  ●清水 浩

[環境庁 国立環境研究所]

地域環境研究グループ

交通公害防止研究チーム

●清水 浩・近藤美則

 

水改善手法研究チーム

●森口祐一

社会環境システム部

資源管理研究室

●乙間末広・森 保文

(委託先)

早稲田大学理工学部

●永田勝也

 

文教大学国際学部

●藤井美文

 

埼玉大学経済学部

●外岡 豊


[平成6〜8年度合計予算額]

41,554千円

(平成8年度予算額 13,667千円)


[要旨]

 地球温暖化対策技術の評価に際しては、技術の運用時における温室効果ガス排出量の削減効果だけでなく、技術導入の際の初期投入エネルギーに伴う排出など、技術のライフサイクル全般における排出に着目することが重要である。本サブサブテーマは、こうしたライフサイクルでの技術評価を行うための共通の課題として、さまざまな原材料や製品の生産に伴う二酸化炭素排出量の推計法を開発し、排出原単位を整備するとともに、これを用いたライフサイクル評価のケーススタディを行うことを目的とするものである。
 このためまず、産業連関表を用いて、部門別に生産額あたりの直接排出強度および原材料生産にまで遡及した総排出強度を求めた。結果はデータベースとしてとりまとめ、LCA研究者などの利用を想定して一般に公開した。データベースには、過去4時点の値が含まれ、輸入品の扱い、価格基準について各2種類の排出強度を示すとともに、排出強度に占める電力消費相当分および石灰石起源分の内訳も示している。このほか、排出原単位に関しては、直接・間接エネルギー消費を、産業連関表によって素材生産関連とそれ以外とに分離し、素材構成に基づく積み上げ法による排出量を補正する方法(素材組立比法)を提案した。また、海外に転嫁されている排出量のより詳細な分析のため、アルミニウム新地金をとりあげ、世界各地で精練に用いられている電力の電源構成を考慮した排出係数を算定した。
 こうして求めた排出原単位を適用したライフサイクル評価のケーススタディとして、電気自動車とガソリン自動車のライフサイクルC02排出量の比較分析を行い、電源構成の違いによって電気自動車の優位性がどのように変化するかを示すとともに、大量導入過程における排出低減効果の現れ方のシミュレーションを行った。第2のケーススタディでは地域冷暖房システムをとりあげ、ライフサイクルCO2排出量の観点から、望ましい熱需要密度や熱源機器構成について分析した。


[キーワード]

二酸化炭素、対策技術、ライフサイクル分析、産業連関分析、排出強度