研究成果報告書 J95B0132.HTM

検索画面に戻る Go Research



(595Kb)

[B−1 地球温暖化に係る二酸化炭素・炭素循環に関する研究]

(3)農業生態系における炭素循環・収支の定量的解析

⊃綸弔砲ける炭素循環・収支の定量的解析


[研究代表者]

農業環境技術研究所  ●袴田共之

[農林水産省 農業環境技術研究所]

環境資源部 土壌管理科 土壌有機物研究室  ●早野恒一・竹中 真・上村順子


[平成5〜7年度合計予算額]

8,292千円

(平成7年度予算額 2,319千円)


[要旨]

 水田生態系における炭素循環を定量的に解明するために、所内の圃場に定点を設け、土壌、作物体、気体中の炭素含量を分析し、以下の結果を得た。チャンバー法による水田の気体炭素フラックスの測定において、無遮光下では光合成と呼吸・分解が同時進行下でのフラックスを測定するのに対し、遮光下では呼吸・分解のみのフラックスが測定できると判断した。このような仕分けにより光合成C量と呼吸・分解C量を分別して試算できた。この手法と土壌炭素、植物体炭素、田面水、浸透水炭素分析を組み合わせて水田生態系の炭素収支を試算した。


[キーワード]

水田、炭素循環、二酸化炭素、メタン、チャンバー法