検索画面に戻る Go Research



(1.1Mb)

[B−11 地球温暖化による生物圏の脆弱性の評価に関する研究]

(5)水資源に関連する社会システムの脆弱性評価に関する研究


独立行政法人国立環境研究所

 

 社会環境システム研究領域 環境計画研究室

原沢英夫・高橋潔

広島大学大学院工学研究科社会環境システム専攻

福島武彦・尾崎則篤


[平成11〜13年度合計予算額]

 平成11〜13年度合計予算額 29,098千円
 (平成13年度予算額 9,140千円)

[要旨]

生物圏と社会経済システムを結ぶ水資源に着目し、気候変化の水資源(水質を含む)に対する影響を評価するために必須の気象、河川(流量、水質)データをもとに地理情報システムを利用したデータベースを作成して、地域の気象現況及び特性を解析した。あわせて全国の河川を対象とし、気象と水質の関連から、気温・降水量と水質の関連性が強いこと、地域的な差異があることが分かった。
地理情報システムを活用した気象、河川(流量、水質)、流域・行政境界データベースの充実を図るとともに、_甲伐修硫論醂量へ及ぼす影響を評価するモデルの構築と試算、温暖化の積雪への影響の一環としてスキー場への影響の評価モデルを構築し、適用した。気温が1〜5℃上昇する増分シナリオを用いた予測では、冬場の積雪減少による流出量増加、春季の流出量減少の可能性が示唆された。また、平均気温が3℃上昇した場合、積雪量が減少するためスキー場への影響として客数が3割程度減少すると予測された。


[キーワード]

 水資源への影響、河川流出への影響、流量と水質、積雪の影響、河川流量