検索画面に戻る Go Research



(2.0Mb)

[B−11 地球温暖化による生物圏脆弱性の評価に関する研究]

(3)森林生態系の脆弱性評価に関する研究

亜熱帯・暖温帯・冷温帯林の脆弱性の評価


独立行政法人 森林総合研究所

 

植物生態研究領域

田中信行

森林植生研究領域

八木橋勉

気象環境研究領域

島田和則

関西支所

小南裕志

木曽試験地

森澤猛

科学技術振興事業団

松井哲哉・小川みふゆ

東京大学大学院新領域創成科学研究科

大沢雅彦


[平成11〜13年度合計予算額]

 平成ll〜13年度合計予算額 23,447千円
 (うち、平成13年度予算額 8,102千円)

[要旨]

日本付近では森林限界は積算温量が、それ以外の植生境界は主に低温が決めている。その結果、全年温度が上昇すれば植生帯は平行移動するが、冬だけ、あるいは夏だけの上昇が起こると植生帯の乱れが起こる。とくに冬気温が上昇すると動かない森林限界と上昇する常緑樹林にはさまれた落葉樹林、針葉樹林が狭まることが予測された。ブナ林の分布を規定する気候要因を明らかにし、気候変化シナリオに基づいて変化させた場合の分布可能範囲をlkmメッシュの空間分解能で予測した。気候変化シナリオCCSRの2050年と2090年の場合では、九州、四国、中国地方、紀伊半島のブナ林の分布可能域はほとんど消失すると予測され、もっとも脆弱なブナ林と考えられる。北海道では、現在の北限よりも東部や北部に分布可能域が広がるが、温度上昇時には石狩低地帯付近に広がるブナ林に適さない地域があるため、石狩低地帯よりも東や北へ分布を拡大することは困難であると考えられる。温暖化による積雪変化を予測するために、アメダスの気象データと積雪量推定モデルを改良し、lkmメッシュ毎の分布の推定を行った。温暖化時には、秋田以南の日本海側平野部で著しい積雪量の減少が起こることが予測された。また、林木の着雪氷害の危険地域は、温暖化により高標高や北方へ移動することが予測された。


[キーワード]

 温暖化、常緑広葉樹林、積雪、ブナ林、lkmメッシュ