検索画面に戻る Go Research



(1.7Mb)

[B−11 地球温暖化による生物圏の脆弱性の評価に関する研究]

(3)森林生態系の脆弱性評価に関する研究

ヾ┣溝喊∪犬寮兩稱册阿紡个垢覺脅性の評価と影響予測


独立行政法人森林総合研究所

 

 

 東北支所

温暖化影響チーム

池田重人

森林修復チーム

杉田久志

育林技術研究グループ

梶本卓也

森林生態研究グループ

関 剛

 九州支所

山地防災研究グループ

大丸裕武

 立地環境領域

土壌特性研究室

岡本 透

東北大学大学院工学研究科

 

風間 聡


[平成11〜13年度合計予算額]

 平成ll〜13年度合計予算額 20,379千円
 (うち、平成13年度予算額 7,780千円)

[要旨]

温暖化により寒温帯植生がどのような影響を受けるかについて、積雪環境条件および植物の時間的・空間的な分布の解析等を通じて研究をおこなった。本課題では、おもに東北地方の亜高山帯の森林を中心に調査し、その結果をもとにして温暖化影響予測地図作成まで実施した。東北地方における寒温帯の代表種であるアオモリトドマツの分布変遷について、花粉分析法を用いた解析をおこなった結果、多雪地域の奥羽山地やより少雪の北上山地のいずれにおいても、1000年前以降急速に拡大する傾向が確認されたが、北上山地については調査点数が不十分である。アオモリトドマツと積雪環境条件について調べた結果、埋雪期間の変化によりアオモリトドマツの開葉時期や球果生産に影響することが示された。寒温帯植生の生育特性・更新特性およびメッシュ気候値による積雪環境条件と植生分布との対応関係を検討した結果、寒温帯主要樹種の分布は積雪深の傾度に対応していることが明らかとなり、それらの樹種では実生定着のマイクロサイトが異なっていることなどが示された。積雪環境の時空間変動と各種植生タイプの分布との関係の調査では、積雪環境の変化により分布域が変化する可能性が示された。東北地方の積雪分布についてリモートセンシングによる推定をおこなった。今後、標高と積雪深の関係の係数を与えることにより、積雪分布推定の精度を向上させることができると考えられた。植生情報およびメッシュ気候値の積雪情報をもとにして、温暖化した場合にアオモリトドマツの分布がどのように変化するかを予測した例を地図として示した。以上の結果から、今後、温暖化による植生分布変化予測の精度を向上させるためには、植物の生育特性などの基礎的研究とともに、山岳域における積雪深の推定精度の向上をはかっていく必要があると考えられた。


[キーワード]

 積雪環境変動、寒温帯植生、植生分布特性、リモートセンシング、影響予測地図