検索画面に戻る Go Research



(2.2Mb)

[B−11 地球温暖化による生物圏の脆弱性の評価に関する研究]

(2)高山生態系の脆弱性と指標性の評価


独立行政法人 国立環境研究所

 

 

 生物圏環境研究領域

生態系機構研究室

名取俊樹

東京大学大学院

農学生命科学研究科

清水 庸・大政謙次

静岡大学理学部

生物地球環境科学

増沢武弘

石川県白山自然保護センター

 

東野外志男・野崎英吉・
小川弘司

 

野上達也・
林哲(現石川県自然保護課)


[平成11〜13年度合計予算額]

 平成ll年度〜13年度合計予算額 38,804千円
 (うち、平成13年度予算額 12,131千円)

[要旨]

我が国高山帯の温暖化に対する脆弱性を考える際に必要な温暖化影響予測は、従来、気温の上昇のみを考慮し、その上昇が緯度や季節に係わらず一律に変化するとして行われていた。そこで、気温の上昇以外にも、我が国高山帯の特徴である冬季豪雪に係わる雪要因も考慮し、さらに、これらの要因が緯度や経度、季節によって変化するとした影響予測を行うため、GCM(大気大循環モデル)をもとにした温暖化共通シナリオ(約10Kmメッシュの気象データ)を用い、我が国高山帯の脆弱な地域を明らかにすることを目的とした。そのため、まず我が国全国レベルでの視点から高山帯植生の変化予測を行った。次いで、各地域毎に、南アルプス北岳でのキタダケソウ及び群馬県尾瀬のミズバショウ、石川県白山での雪田植生、周氷河地形の影響予測を行い、それぞれ温暖化影響リスク図として示し、温暖化に対する脆弱性や指標性を検討した。また、北海道アポイ岳でのハイマツの生育高度の上昇、白山でのオコジョの分布については、野外調査や既存資料をもとに温暖化に対する脆弱性あるいは指標性を検討した。その結果、検討した何れの地域・項目についても、我が国高山帯の温暖化に対する脆弱性が高いことが示された。例えば、)務て擦鉾罎戮橡椽の方が温暖化に対する脆弱性が高く、また、北海道においては地域差が見られるものの、2070年以後では高山帯植生と判別されたメッシュは存在しない。▲タダケソウの満開日あるいはミズバショウの開花日とも徐々に早まり、2040年代のキタダケソウの満開日は、1998年と同じ程度に早まる可能性がある。今後10〜20年の間で白山では、多くの周氷河地形の化石化や多くの雪田植生が消滅する可能性がある。ぅ▲櫂こ戮任離魯ぅ泪弔両緇座度は年間0.4〜2mの間と推定され、推定した最も早い速度でハイマツが上昇した場合、アポイ岳南東面ではおおよそ30年で高山草原が消滅すると計算された。


[キーワード]

 地球温暖化、温暖化シナリオ、影響予測、高山帯植生、周氷河地形