検索画面に戻る Go Research



(1.8Mb)

[B−11 地球温暖化による生物圏の脆弱性の評価に関する研究]

(1)生物圏の総合影響評価手法と脆弱性の評価


独立行政法人国立環境研究所

 

 社会環境システム研究領域 環境計画研究室

原沢英夫・高橋潔・肱岡靖明

筑波大学 生物科学系

及川武久

東邦大学 理学部

丸田恵美子

龍谷大学 経済学部

増田啓子

国土環境株式会杜

糸井正夫・宮下良治・矢野達也


[平成11〜13年度合計予算額]

 平成11〜13年度合計予算額 50,202千円
 (うち平成13年度予算額 15,403千円)

[要旨]

 各種生態系の影響・適応・脆弱性評価の基本となる各サブ研究課題に共通の気候シナリオを開発するともに、自然生態系の脆弱性を包括的に評価する手法を検討した。
ゞδ未竜じシナリオの開発:IPCCが推奨している気候シナリオについて現状気候の再現性、気候シナリオの影響研究への利用可能性について検討した。その結果、7つのうち4つの気候シナリオは現状を十分再現しており、アジア地域及びサブ地域レベルヘ充分適用可能であるが、降水量などの予測値は変動が大きいことがわかった。日本における気候シナリオについても整備を進めたが、各サブ課題毎に必要とする空間精度や気象項目も異なるため、共通に利用する気候シナリオとしては、GCMをもとにした空間精度10kmの気候シナリオとした。
∧餝臈な自然生態系への影響評価手法の開発:IPCCが推奨している気候シナリオに基づいて作成した日本における気候シナリオを元に、自然生態系への影響を包括的に予測、評価するモデルを開発し、予測精度について実際の植生データをもとに比較検討した。その結果、日本の自然生態系への影響を包括的に評価しうるモデルを作成することが出来た。また、このモデルを適用することにより、日本の自然生態系の脆弱な地域を特定することができた。
生物季節による温暖化の影響検出:この100年間に日本では、約1℃の気温上昇が観測された。とくに20世紀後半の気温上昇は人為的な温暖化によるが、こうした温暖化の影響がすでに脆弱な雪氷や自然生態系に現われていることが示されている。1950年代から継続的に観測されている生物季節データを活用して温暖化の影響を日本全国を対象としてマクロ的に捉える方法について検討した。その結果、日本では、この50年間に桜の開花が5日ほど早まっており、2002年春季に桜の開花が2週間ほど早くなったのは、温暖化と自然の変動性の両者の影響が相乗的に現われた結果と考えられる。桜などの生物季節データは温暖化影響の検出に有効であることがわかった。


[キーワード]

 脆弱性評価、気候シナリオ、総合化手法、生態系モデル、生物季節