サプライチェーン排出量算定をはじめる方へ

目次

サプライチェーン排出量とは

事業者自らの排出だけでなく、事業活動に関係するあらゆる排出を合計した排出量を指す。
つまり、原材料調達・製造・物流・販売・廃棄など、一連の流れ全体から発生する温室効果ガス排出量のこと
サプライチェーン排出量=Scope1排出量+Scope2排出量+Scope3排出量
GHGプロトコル(英語)(Greenhouse Gas Protocol、外部リンク)のScope3基準では、Scope3を15のカテゴリに分類します。

サプライチェーン排出量のスコープ図

Scope1:事業者自らによる温室効果ガスの直接排出(燃料の燃焼、工業プロセス)

Scope2 : 他社から供給された電気、熱・蒸気の使用に伴う間接排出

Scope3 : Scope1、Scope2以外の間接排出(事業者の活動に関連する他社の排出)

Scope3 15のカテゴリ分類とは

Scope3カテゴリ 該当する活動(例)
1 購入した製品・サービス 原材料の調達、パッケージングの外部委託、消耗品の調達
2 資本財 生産設備の増設(複数年にわたり建設・製造されている場合には、建設・製造が終了した最終年に計上)
3 Scope1,2に含まれない
燃料及びエネルギー活動
調達している燃料の上流工程(採掘、精製等)
調達している電力の上流工程(発電に使用する燃料の採掘、精製等)
4 輸送、配送(上流) 調達物流、横持物流、出荷物流(自社が荷主)
5 事業から出る廃棄物 廃棄物(有価のものは除く)の自社以外での輸送(※1)、処理
6 出張 従業員の出張
7 雇用者の通勤 従業員の通勤
8 リース資産(上流) 自社が賃借しているリース資産の稼働
(算定・報告・公表制度では、Scope1,2 に計上するため、該当なしのケースが大半)
9 輸送、配送(下流) 出荷輸送(自社が荷主の輸送以降)、倉庫での保管、小売店での販売
10 販売した製品の加工 事業者による中間製品の加工
11 販売した製品の使用 使用者による製品の使用
12 販売した製品の廃棄 使用者による製品の廃棄時の輸送(※2)、処理
13 リース資産(下流) 自社が賃貸事業者として所有し、他者に賃貸しているリース資産の稼働
14 フランチャイズ 自社が主宰するフランチャイズの加盟者のScope1,2 に該当する活動
15 投資 株式投資、債券投資、プロジェクトファイナンスなどの運用
その他(任意) 従業員や消費者の日常生活

※1 Scope3基準及び基本ガイドラインでは、輸送を任意算定対象としています。

※2 Scope3基準及び基本ガイドラインでは、輸送を算定対象外としていますが、算定頂いても構いません。

[出所] サプライチェーン排出量算定の考え方 パンフレット 環境省

サプライチェーン排出量を算定するメリットとは

削減対象の特定/削減意識の啓発

サプライチェーン排出量の全体像(総排出量、排出源ごとの排出割合)を把握することで、優先的に削減すべき対象を特定できます。その特徴から長期的な環境負荷削減戦略や事業戦略策定のヒントを導きだすこともできます。

算定に取り組んでいる
企業の声

取り組むべき課題が明確になり、より具体的な削減数値として提示できるようになりました。また、社内外に環境活動に取り組む姿勢を示すことで、排出量削減に向けた活動意識を社内で共有しています。

他事業者との連携による削減

サプライチェーン上の他事業者と環境活動における連携が強化し、環境負荷低減施策の選択肢が増え、CO2削減が進みます。また、CSR活動の一貫としてサプライチェーン排出量算定を要請する企業もあるため、新規顧客開拓へも繋がります。

算定に取り組んでいる
企業の声

サプライヤーである包装材メーカに対しフィルム・トレイの軽量化を要請した結果、軽量化が実現して両メーカーでともにCO2削減が進んでいます。

情報開示

企業の情報開示の一環として、サプライチェーン排出量を統合報告書、WEBサイトなどに掲載することで、環境対応企業としての企業価値を明確にします。サプライチェーン排出量の把握・管理は一つの正式な評価基準として国内外で注目を集めており、グローバルにおいても、投資家等のステークホルダーへの社会的信頼性向上に繋がり、ビジネスチャンスの拡大が期待されています。

算定に取り組んでいる
企業の声

外部からの環境活動調査(CDP等)への対応や、統合報告書での外部公表に活用し、自社の環境活動のPRとして展開しています。

サプライチェーン排出量の算定の流れについて

サプライチェーン排出量算定は大まかに分けると4つのステップから成る

STEP0:サプライチェーン排出量算定方法の理解

サプライチェーン排出量の算定ポイントや各カテゴリの考え方、削減対策、
企業の取組状況などを確認し、サプライチェーン排出量算定方法を理解

STEP1:算定目標の設定

自社のサプライチェーン排出量の規模を把握し、
サプライチェーンにおいて削減すべき対象を特定すること等の算定に係る目的を設定

STEP2:算定対象範囲の確認

サプライチェーン排出量の算定の際には、
グループ単位を自社ととらえて算定する必要がある

STEP3:Scope3活動の各カテゴリへの分類

サプライチェーンにおける各活動を、漏れなくカテゴリ1~15に分類

STEP4:各カテゴリの算定

  1. 算定の目的を考慮し、算定方法を決定します
  2. データの収集項目を整理し、データを収集します
  3. 収集したデータをもとに、活動量と排出原単位
    から排出量を算定します