地球環境・国際環境協力

オフセット・クレジット(J-VER)制度

1.趣旨

 平成20年2月にとりまとめた「我が国におけるカーボン・オフセットの在り方について(指針)」では、カーボン・オフセットに用いられるクレジットについては、確実な排出削減・吸収があること等の一定の基準を満たしていることを確保する仕組みが必要であるとしております。
 これを受けて 環境省では平成20年3月より、「カーボン・オフセットに用いられるVER(Verified Emission Reduction)の認証基準に関する検討会」を設置し、国内排出削減・吸収プロジェクトにより実現された温室効果ガス排出削減・吸収量をオフセット・クレジット(J-VER)として認証する制度について検討を行い、平成20年11月に「オフセット・クレジット(J-VER)制度」を創設しました。
 本制度の活用によって、これまで海外に投資されていた資金が国内の温室効果ガス排出削減・吸収活動に還流することとなるため、地球温暖化対策と雇用・経済対策を一体的に推進することができるグリーン・ニューディール促進策の一つとして期待されています。

図:オフセット・クレジット(J-VER)制度について

2.VER検討会

3.J-VER制度の概要

 J-VER制度に関する詳細の情報(規定、登録プロジェクト、委員会開催記録、新規のJ-VERプロジェクト種類の提案等)については、J-VER制度事務局(気候変動対策認証センター)HPより御覧になれます。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ