地球環境・国際環境協力

IPCC第5次評価報告書(AR5)について

IPCCは設立以来、活動の核として、5~7年毎にその時々の気候変動に関する科学的知見をとりまとめ、評価を行い、その結果をまとめた「IPCC評価報告書」の発表を行っている。

2007年には第4次評価報告書が完成、同年のノーベル平和賞を受賞するなど、IPCCの活動は以前にもまして世界の関心を集めている。

IPCCは、2015年7月の第47回IPCC総会(ナイロビ)にて、第6次評価報告書の作成を決定した。

完成時期について

各作業部会報告書および統合報告書の完成・発表時期は以下のとおり。

ページ先頭へ