廃棄物部門の指針(対策メニュー)

廃棄物部門

廃棄物処理業者・自治体が、廃棄物の処理に関連する温室効果ガス排出削減をする際、参考となる対策メニューを掲載しています。

ばっ気・攪拌(かくはん)装置及び
固液分離装置における最適供給量制御システム・
運転台数自動制御装置の導入その他の必要な措置

概要

浸出水処理施設における接触ばっ気槽には必要酸素量を過不足なく供給する必要がある。反応槽における酸素量の過不足をpH計、DO計等で計測しながら必要とする最適で、最少の空気量を供給制御するなど間欠的にばっ気することで送風機(ブロワ)の送風量を制御して消費電力の削減を図る。 固液分離装置は供給水量に係らず洗浄水量もしくは洗浄空気量が必要である。洗浄水量及び洗浄空気量は装置において固有のものであるため、最適供給水量より少ない供給水量の場合、洗浄ポンプもしくは洗浄ブロワの消費電力は供給水量に比較して大きいものになってしまう。そのため、自動で供給水量に応じた運転台数に制御することで適正な運転台数として、消費電力を削減する。

出典・参考文献

  • 廃棄物最終処分場整備の計画・設計・管理要領(2010改訂版)、全国都市清掃会議

環境省

環境省(法人番号1000012110001)
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館 TEL 03-3581-3351(代表) 地図・交通案内

Copyright Ministry of the Environment Government of Japan. All rights reserved.