産業部門(製造業)の指針(対策メニュー)

産業部門(製造業)

工場で温室効果ガス排出削減をする際、参考となる対策メニューを掲載しています。

太陽光発電設備の導入

対策の概要

【概要】

自然エネルギーである太陽光を利用する発電設備を導入して、化石燃料の 消費量を減らし、温室効果ガスの排出量の削減に努める。

【実施目標】

太陽光発電設備の導入を実施すること。

対策の特徴や実施手順

【実施手順】

①太陽光発電設備の導入についてメーカーと相談。

  • 一般的に、太陽光発電設備の設置が可能な、日当たりがよい広い場所がある事業所は、太陽光発電設備の導入に適していると言える。

  • 投資回収年数をシュミレーションしてくれるメーカー等もある。

②太陽光発電設備の導入。

  • 導入にあたっては、国や地方公共団体の補助金制度や、発電した電力のうち余った電力を電力会社に販売する制度の利用を検討する。

出典

東京都「地球温暖化対策報告書作成ハンドブック」(平成28年3月)

環境省

環境省(法人番号1000012110001)
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館 TEL 03-3581-3351(代表) 地図・交通案内

Copyright Ministry of the Environment Government of Japan. All rights reserved.