産業部門(製造業)の指針(対策メニュー)

産業部門(製造業)

工場で温室効果ガス排出削減をする際、参考となる対策メニューを掲載しています。

冷暖房の混合使用によるエネルギー損失の防止

対策の概要

【概要】

冬季に暖房と冷房の両方を使用する場合には、冷風と温風が混合してエネルギーが損失しないように、冷房運転時には暖房を停止するなど運転方法を見直す。

【実施目標】

冬季に冷房を使用している場合などには、冷房による冷風と暖房による温風が混合してエネルギーが損失しないように、運転を管理すること。

対策の特徴や実施手順

【実施手順】

①窓・外壁付近の暖房と、室内中央部の冷房が長時間同時運転されていないか確認する。

  • 冬期に、窓・外壁付近にある空調機と室内中央部の空調機の運転モード(冷房・暖房)および温度等を確認する。

  • ビルマルチエアコンなど個別空調機を用いている場合には、職員、作業員が独自の判断で運転を切り替えている場合がある。リモコンの近傍の方や特に寒がりの方に、設定を変えていないかなど聞き取り調査を行うことも有効。

②窓・外壁付近の暖房時間のスケジュールを設定する。

  • 窓・外壁付近の暖房開始時刻を早めて、暖房運転を暖房が特に必要な早朝の時間帯などに限定し、日中は暖房を行わないなどの運転スケジュールを設定する。

③窓・外壁付近の暖房と室内中央部の冷房の運転方法や温度を設定し、それを周知徹底する。

  • 暖房と冷房の同時使用がどうしても必要な場合には、温度設定を調整することにより、空調の効率を上げる。

  • 特に職員、作業員が独自の判断で運転を切り替え可能な個別空調機を用いている場合には、運転方法や温度設定のルールを職員、作業員に徹底する。

  • 空調用リモコン部分などに、運転方法、温度設定を定めた張り紙を行うことも効果的である。

④効果を確認する。

  • 実施前後のエネルギー使用量を比較し、効果を確認する。

  • 効果の確認結果については、全社で情報を共有する。

出典

東京都「地球温暖化対策報告書作成ハンドブック」(平成28年3月)

環境省

環境省(法人番号1000012110001)
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館 TEL 03-3581-3351(代表) 地図・交通案内

Copyright Ministry of the Environment Government of Japan. All rights reserved.